ハサミ・針・包丁、いつから使わせる?

我が家の長女がハサミを使い始めたのは、2歳の頃。
もちろん、危険なものだとしっかり説明し、使い方も教えました。それ以降、工作が楽しいようで、ほぼ毎日使っております。
そしてそんな長女、
6歳になりお裁縫にも興味が出てきました。
ネットでサクッと調べてみると、

はさみは3才頃
お裁縫と包丁は5才頃

この時期に使わせるママたちが多いようです。
※ネットでサクッと調べただけなので、あくまでも参考ということで(汗)

あらかじめ道具をしっかり選んでおいて、子供が興味を示したタイミングで使わせるのもいいかもしれません。

はさみ、まずはこれから始めました!

一番最初はこれを買いました。

それいけ ! アンパンマン はじめてのはさみ

Amazon.co.jp: それいけ ! アンパンマン はじめてのはさみ: 文房具・オフィス用品

本体サイズ:タテ175×ヨコ57×厚さ11mm
¥597

プラスチックなので正直切れ味は悪いです。
薄い紙だと、紙を巻き込んでしまい上手く切れません(汗)
はさみの使い方や、持ち方を教えるためだけに使った感じです。でもそれで正解だったかもしれません。

使い方をある程度理解させたあとは、子供用の刃の部分が太いはさみを与えました。
ですがこのタイプ、刃が太いせいで、切りたい所がズレるみたいです。プンプン怒っていました。
結局、今は切れ味の少し悪くなった大人用のハサミを使っています。

包丁はこれにしようかと思っています!

先日テレビで、パパ料理家の方が

「うちの子5才ですけど、普通に料理します」

と話していたのを聞いてハッとしました。
つい最近、子供が包丁使いたいと言ったときに「まだダメ!」って言っちゃったんですよね…
なので調べてみると、子供用の包丁というものがあるではありませんか!

ルルロロ こども安全包丁 | みんなの声あり | 絵本ナビ

Price

ルルロロ こども安全包丁:お子様も安心して使える「ルルロロこども安全包丁」です。この包...。:絵本と絵本キャラクターグッズのオンラインショップ。絵本ナビポイントも使えます。税抜1500円以上で送料無料。

プラスチックだと切れ味が悪く、逆に危ないというコメントがあったので、このシリーズにしようと思ってます。
刃もギザギザに調整されているので、初めて買うにはこれがいいのでは。

ルルロロ こども安全包丁

http://www.ehonnavi.net/shopping

わー!
商品パッケージを見てびっくり!
3才からもOKなんですね~。

6歳で裁縫をスタートしました!

私がチクチク裁縫をしていると、6才の娘が「私もなんか作りたーい」と近寄ってきたので、ちょうどよいタイミングだと思い、初めて針と糸で縫わせてみました。
やらせてみると案外上手!
指を刺さずに縫えました。

完成品の写真がないのが悔やまれますが…
ひっくり返して中にゴムを入れて、シュシュを作ったんです。さっそく同じ年の友だちにプレゼントしていました(かわいい♪)

さすがに普通の針だと危なっかしかったので、次回からはこれを使おうかと思います。

【編物用具 スペシャル】○マンセル 超極太とじ針 3本入り :314-01-184:ユザワヤ - 通販 - Yahoo!ショッピング

Price

ユザワヤの【編物用具 スペシャル】○マンセル 超極太とじ針 3本入り:314-01-184ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なTポイントも!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。

編み物用の始末針です。目の粗い布を縫うこともできるそうなので、毛糸をつけて縫う予定です。

こんなキットもいいですね!

おめかしキッズのフェルトの小物 手作りキット 手芸デビューにぴったり♪ fl-33-36 フェルト/キット/カット済/小物入れ/手作り/材料 工作/クラフト/パーツ/素材/子供/子ども/キッズ 手作りキット/手芸用品/abcクラフト:手芸材料の大型総合専門店 ABCクラフト オンラインショップ

Price

フェルトバッグと一緒に持つと、もっとカワイイ♪
便利な小物入れやティッシュケースが2アイテム作れちゃう!
おしゃれ&手作り大好きなお子様にオススメな、カンタンキット!
かわいいフェルトのパーツを貼って作っちゃおう♪

専用針も付いて590円とはお買い得!!
次の作品作りのヒントにもなりそうなので、これはぴったりかもしれません♪

与えるタイミングは、子供とのコミュニケーションで測りましょう!

我が家の長女を例としてお話しましたが、子供は一人一人、感性も違いますし、何でも早くやらせるのが正解ってわけではありません。
子供とコミュニケーションをとりながら、
パパやママが、ここだ!と思ったタイミングでやらせるべきだと思います。
成長に合った道具をしっかり選び、
パパママの監視のもと、楽しんでみてはいかがでしょうか?