自分ができることを「誰かのために」実行することは、素晴らしいことだ。

核家族が増える今、
田舎の大きなお屋敷で親戚中が何十人と集い、老若男女集まってワイワイガヤガヤ賑やかに語らう姿は珍しいのかもしれません。

そんな大家族の夏の数日間を舞台に展開するのは、世界の主要な生活機能を司るコンピューターシステムOZを乗っ取る、人工知能プログラムと一般市民の戦い。
懐かしい日本の原風景の中で繰り広げられる、最新のコンピューター内の戦いで、大切なものは結局、今も昔もなんら変わりはない、というお話です。

家族の絆、仲間との繋がり、信頼、使命感、愛や勇気が盛りだくさんの映画、『サマーウォーズ』をご紹介します。

映画「サマーウォーズ」公式サイト

映画「サマーウォーズ」公式サイト

主人公は数学オリンピックの日本代表に成り損ねた、高校2年生の健二。
彼はちょっと気弱で頼りないですが、数学に関して抜群の才能があり、人間的にも優しい青年。また、ここぞという時にきちんと自分の考えを主張でき、最後まで諦めない粘り強さをもつ人物として描かれています。
彼を囲む陣内家の人々は医師もいれば電気屋さん、自衛隊員、消防団員、警察官、救急隊員、水道局員、漁師、お母さんなどなど、その他の登場人物たちも、自分の仕事に誇りを持ち、一生懸命働いています。

人工知能との戦いでは、
花札が得意な夏希は花札で敵を倒し、
健二の友人のタカシは必死で健二のサポートをし、
格闘ゲームの世界的チャンピオンのカズマは、その才能を活かして敵に立ち向かいます。

非常時には各々が自分にできることでベストを尽くし、困難に立ち向かう姿が印象的です。
例え、健二やカズマのように際立った才能はなくとも、誇りを持って誰かのために必死で働ける志を持つことは素晴らしいことだと、彼らの背中は教えてくれます。
元気な子供たちは、そのような大人の背中を見て育つのです。

http://www.animeblog.lv/index.php/2010/03/18/summer-wars