お菓子を食べながらプログラミングを学べるってどういうこと?

ここ日本でも、幼少期のプログラミング学習の重要性が広く認知され、多くの教育アプリや、教育ロボット、またプログラミング教室などが開講されています。
そんな中で「これは新しい!」と筆者が唸ったアプリが、この江崎グリコが提供する「グリコード」です。

GLICODE(グリコード) おいしいプログラミング - YouTube

youtu.be

『GLICODE(グリコード)』は、小学生でも楽しみながらプログラミングを学習できるアプリケーションです。 『GLICODE』 紹介サイト http://cp.glico.jp/glicode/ 小学校低学年から、プログラミングの考え方を身につけることで、 論理的思考力や問題解決能力が育つと考えられています。 創...

キャラクターを目的地まで進めるゲームなんですが、

「SEQUENCE(順番に実行)」
「LOOP(繰り返し)」
「IF(場合分け)」
「RANDOM(ランダム)」

といった命令のコードを書くのではなく、
なんとお菓子を並べるだけ!
子供にとっては難解なコードが、お菓子を並べるという簡単な行動とリンクすることで、しっかりと論理的な思考を学べる内容のアプリなんです。
また「お菓子を並べる」って、子供にとってはとても楽しい行動ですよね。並べながら途中で食べちゃう子供の姿が目に浮かびます(笑)

GLICODE(グリコード)|グリコ

GLICODE(グリコード)|グリコ

総務省が推進する平成28年度「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業にも選定され、今後は小学校低学年を対象に、プログラミング教室が開催されるそうです。