岱崎出丸で絶景を見る!

山中城

豊臣秀吉の小田原征伐に備え、急遽作られた出丸が、この岱崎出丸(だいさきでまる)です。
ここにも立派な畝堀が築かれています。
攻める側は、この堀をどうにか越えて登りきったとしても、

山中城・すりばち曲輪

このすり鉢曲輪に追いやられます。

文字通りすり鉢(すりばち)の形状をした曲輪で、畝堀で体力を消耗した敵兵は、四方の傾斜で下半身をやられ、まともに応戦できないと言われています。なかなか極悪な作りです。

ようやく富士山が姿を見せた!

山中城をくまなく回り終えた僕と息子が、帰路につくべく駐車場へと進み始めたそのとき、

山中城

富士山が(少しだけ)顔出した!

眼下に広がる裾野の街と、壮大な山々。
この山中城が落城したのは3月29日と言われており、今と全く同じ季節。
攻めた豊臣秀次や、守った北条武士たちの目にも、富士山は今と変わらない存在感で映ったのでしょうか。

山中城

他のご家族にまざって立ち尽くす息子(笑)
息子よ、今何を思っているのだ!

噂に違わぬ名城・山中城の探訪を終えた我々は、箱根新道を小田原方面へ進み、この日2つめのお城「小田原城」に向かいました。小田原城のレポートはまた後日!