jiik広報部の小村です。
毎日の子どもの歯みがきは、本当に大変!
家事の時間に追われがちなママさんなら、誰もが思うことじゃないでしょうか。
我が家でも例にもれず、毎朝毎晩、悪戦苦闘しています…

クリニカが制作した動画では、歯みがきをするママと子どもたちの、心の変化が映し出されています。

「ママから笑顔が消えていました。」

こ、心当たりがありすぎる!

うちの5歳の娘はじっとしてくれないし、すぐ逃亡するし、口をなかなか開けないし、いきなり歌い出したりするし、その度に私は鬼の形相になっているに違いないです。
自分では気づきませんでしたが、子どもはその表情を間近で見ているんですよね。そのせいで「歯みがきタイムは嫌な時間」と感じてしまっているのかもしれません。

どのご家庭も歯みがきは「子どもとの戦い!」

どうやら子どもと歯みがきバトルを繰り広げていたのは、我が家だけではなかったようです。

わかります…わかりますよ!!
ご飯の準備して洗い物をして、洗濯ものを取り込んで、ようやく子どもたちが寝てくれる時間になったのに、歯みがきに手間取るときの、あのイライラ感!
ママたちの余裕の無さが、子供にも伝染してしまうのかもしれませんね。まさに悪循環…

そこで、この動画のプロジェクトでは、一つの実験を行います。

子どもがママの歯をみがく!

ママと子どもの役割を変えてみました。
楽しそうにママの歯をみがく子どもたちの表情を見ると、歯みがきって実は「親子二人の大切な時間」だったということに気づきます。

そうだ!その通りだ!
ママの都合でイライラしているのは、ママにとっても子どもにとっても、もったいないことだ!
なんか今なら、娘と心が通う気がする!
主人にカメラをスタンバイさせて、我が家の「歯みがきを楽しい時間にするプロジェクト」開始です!

動画を参考にお互い笑顔で!

娘です。
あどけない顔をしていますが、歯ブラシを水で濡らしておいて、歯を磨いたフリをする策士なのです。

普通に磨きはじめると、口すら開けてくれません。
いつもなら「開けなさい!」とガミガミ怒るところですが、動画を参考にして、娘に私の歯を磨いてもらいました。

心が通っている!

笑顔や変顔を織り交ぜて、楽しく歯みがき。
娘もとても楽しかったみたいで「あーんして」と言いながら、丁寧に私の歯を磨いてくれました。

子どもの歯を大切にしたいというのは、どのママにも共通する思い。是非、子どもの歯みがきの時間を「ママと子どもが笑う時間」に変えてみてください。

提供:LION株式会社

HA!HA!HA!パーク(ハハハパーク)| 0才からの予防歯科 クリニカKid's|クリニカ

子どもの歯磨きのコツや裏技を、動画やクイズで紹介。情報満載の0才からはじめる子どもの予防歯科ポータルサイト。

クリニカKid's ハブラシ|製品ラインアップ|ライオン

子供の年齢に合わせて選べるハブラシ。「クリニカKid's ハブラシ」をご紹介します。予防歯科から生まれたクリニカ。