最近引越しをしました。
すぐ近くに土手や公園があり、子供たちが外で体を使って遊ぶ機会が増えそうで嬉しいです。
さてそんな新居なんですが、テレビ台が必要になってしまいまして。今までは妻の姉が持っていたテレビ台を使わせてもらっていたのですが、引越しの機会に戻すことになったので、引越しから数日間、我が家のテレビは引越しのダンボールの上に置かれるという「引越しあるある」の状態でした。

ネットでテレビ台を検索してみるものの、これカッコいい!と思ったものはことごとく値段が高いですし、正直そこにお金をかけている場合じゃないってこともあり、それならいっそ作ってまえ!と思い、衝動的にDIYを敢行しました!

壁掛けテレビ台DIY:準備編

LABRICOというイカしたアイテム

DIYに詳しい人なら知っていると思いますが、
ツーバイフォー材(38mm×89mm)という角材をはめて、床と天井に突っ張るタイプのアジャスターがあります。
その代表格がディアウォールという商品でして。

DIYでマンションにキャットウォークを作ってみた | マンション・ラボ

DIYでマンションにキャットウォークを作ってみた | マンション・ラボ

RoomClip(ルームクリップ)

RoomClip(ルームクリップ)

こういうものです。
かなりの強度を持って突っ張るので、壁に穴を開けられない賃貸住まいの人たちには、強い味方になるんですね。
僕も当初は、これを使って柱を立てる構想をしていました。

ただこのアジャスターの部分がどうしてもしっくりこなかったんですよね…
商品自体のコンセプトはとても素晴らしいと思うのですが、このアジャスターの形状から、なんか賃貸住まいの人間がとりあえずこうやって対応しました感がビンビン出てしまっている気がして。

そんな失礼なことを思いながら、ネットで検索を続けていたところ「おっ!」って思う商品を見つけたのです!

女性や家族向けDIYブラケットLabrico | DIY FACTORY オンラインショップ

女性や家族向けDIYブラケットLabrico | DIY FACTORY オンラインショップ

LABRICO - ラブリコ / 公式ブランドサイト

LABRICO - ラブリコ / 公式ブランドサイト

なんかいい感じ!
平安伸銅とDIY FACTORYが共同で開発商品化した「LABRICO」という商品だそうです。
ディアウォールが壁の柱を作るというイメージなのに対し、LABRICOは角材の面全体ではなく、アジャスターしか上部と接着しないので、あくまでも柱を取り付けるといったイメージ。
こっちの方がわざとらしくなくていいかも知れない!
アジャスターはこのLABRICOを採用することに決定しました。

壁掛けのブラケットはSANUSの製品

うちのTVは32インチで最近のTVでは小さいほうだと思うのですが、ギリギリ壁掛けに対応しているモデルでした。
SHARP純正のブラケットは厚みがあるという情報があったので、 SANUSのVSL4という、非常に小さくて薄いモデルを購入しました。Amazonでもヨドバシでも5,000円弱。

Amazon.co.jp: SANUS(サナス) ウォールマウント VSL4-B2: 家電・カメラ

■耐荷重:22.7Kg、ディスプレイサイズは13から39V型が目安です。
■超薄型マウントは壁からわずか1.6cmの厚みで設置できます。
■3つの金具で、取り付けが簡単です。
■クイックロック機構は安全にテレビ側金具にテレビをロックできます。
■VESA75x75、100x100、200x100、200x200に対応しています。

自分なりの設計図を書いたら、さあいよいよホームセンターにGO!