東京都現代美術館で3/5から始まりました、スタジオ設立30周年記念「ピクサー展」
ピクサー作品と言えば、最新映画「アーロと少年」も公開されたばかり。
大人も子供も胸が踊るストーリー
抱きしめたくなるようなキャラクター
新作が出るたびに驚かされる作品の世界観が、たくさんの人を虜にしています。

展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

大好きなあの作品はどんな風に作られているの?
あのキャラクターはどうやって産まれたの?
会場内にはそんな秘密がいっぱい隠されています。

見た人の多くが魅了されるピクサースタジオの作品。
その制作を支える卓越した技術と職人魂、並々ならぬ作品への愛情がギュッと詰まった展覧会となっており、大人にも見ごたえたっぷりです!
では会場の順路に従って見どころをご紹介しましょう。

東京現代美術館でやってる『ピクサー展』が期待を遥かに超えていた件 - おっさんホイホイ

東京現代美術館でやってる『ピクサー展』が期待を遥かに超えていた件 - おっさんホイホイ

そもそもピクサーってどんな会社?

まず会場に入ってすぐ、ピクサーの年表がずずっと続いています。
設立は1986年。
スター・ウォーズで有名なルーカスフィルムの子会社のコンピュータアニメーション部門をあのスティーブ・ジョブズが買収して設立した会社とのこと!(知らなかった…)
そう聞くとスター・ウォーズのこだわりとスティーブ・ジョブズの先見性は、現ピクサーの社風にも脈々と受け継がれていると思わずにはいられません。
とはいえ、当時はコンピュータグラフィックス用のハードウェアを開発製造していた会社で、アニメーションはそのコンピュータのデモ用に製作していたようです。

La vida de Steve Jobs (3 de 7): Pixar - acens blog

La vida de Steve Jobs (3 de 7): Pixar - acens blog

この頃に、現在ウォルト・ディズニー / ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサーであるジョン・ラセターの手で産まれたのが、現在もピクサーのロゴとして有名な「ルクソーJr.」

Pixar’s Luxo Jr. | Computer History Museum

Pixar’s Luxo Jr. | Computer History Museum

美しいフォルムの電気スタンドが、コミカルに動く様子が印象的ですね。
その後、アニメ開発部門の売却やディズニーとの契約を経て、「トイ・ストーリー」など全世界で注目されるアニメーション作品の製作を手がけていくことになります。
ピクサー展ではイントロダクションとして、展示入口部分にて初期作品のアートワークと併せてピクサーの歴史が楽しめるようになっています。