深海魚を求めて静岡県沼津へ!

最近毎週かかさず見ている番組のひとつに、TBS系列の『クレイジージャーニー』があります。
ある分野について、文字通りクレイジーな情熱を傾ける人たちを特集するおもしろ番組なのですが、その番組で深海魚の専門家の石垣幸二(いしがきこうじ)さんという方を知ることになり、このたび夏休みを利用して、その石垣さんが館長を務める『沼津港深海水族館」に行ってきました!

沼津駅に到着!子どもたちテンション高め!
車で行くことも検討したのですが、夏休み時期の週末の交通渋滞を考えると、多少面倒でも電車がベストと判断。
沼津駅からはバスで10分〜15分で、港エリアにアクセスできます。

メインエントランスっぽいところに到着。
奥にすぐ水族館が見えますね!

この時点で朝の10時半。
水族館の鑑賞が終わったら、港をぐるっと回って、ランチで美味しい海鮮を味わおうという段取りです!

が、しかし!!

甘かった…
かなりの行列を見て、一気に萎える私。
この列が水族館の建物を囲むように続いています。
つい先日、お盆の三連休にディズニーランドで味わった地獄の記憶が蘇ってきます。

行列の最後尾にいるスタッフの方に聞いて見ると、入場まで20分待ちとのこと。
けっこう並んでるように見えたけど、20分で済むのかと一安心。
ついでに、完全に私の意向で、子どもたちをダシにしてお姉さんと記念撮影しました。快く応じてくれてありがとう!

沼津港深海水族館の入館料ですが、

大人:1,600円
子供:800円
幼児:400円

という基本設定に加え、65歳以上の100円割引、20名以上の団体割引が設定されていました。

その後待つこと数分、きっかり20分で入館できました!

あとで書くことと関連してきますが、この水族館の特徴として、順路が決まっていないということが挙げられます。1Fはスルーして、いきなり2Fにあがってシーラカンスミュージアムから鑑賞することもできるんですね。
人気の施設だけあって、館内も人で溢れていましたが、スタッフさんのオペレーションもしっかりしていて、鑑賞に不便を感じることはありませんでした。

私たち家族は、初めての来館だったので、目の前にあるものから鑑賞していくことにしましたよ。

そもそも深海とは?

「深海ってなに?」

と聞かれて、深海の明確な定義を答えられる人は何人ぐらいいるでしょうか。
深い海ってことはわかるけど…って人がほとんどかと思います。
僕なんかは真っ先に、Mr.childrenの同名アルバムが浮かんでしまう、中年男性世代。

深海とは、水深200メートルを超える海を指し、地球の海の80%が深海にあたると言われています。つまり水深200メートルより深い場所に生息している生物を、深海魚と呼んでいるのですね。

比べてみよう浅い海、深い海

最初のコーナーは「浅い海」と「深い海」の比較水槽
似たような生物を、浅い海と深海で並べて、その違いがわかりやすいようにレイアウトされています。
深海魚というと、グロテスクで奇抜なルックスを思い浮かべがちですが、浅い海の生物とあまり変わらないものもあり、中にはポピュラーな食材として食卓に並ぶ魚たちも多いようです。

浅い海の水槽と深海の水槽を並べることで、自然と深海魚に興味がわくレイアウト。
いきなり沼津深海水族館のプレゼン能力を見せつけられます。

アカザエビ
別名、手長エビ。和食はもちろんフレンチやイタリアンでは、かなりの高級食材とされています。
純粋に「美味しそう…」と思いました。

どこかの水槽にいたケンナシコブシガニというカニ。
見た瞬間「キン消し?」と思うぐらいの肌色単色マットな質感。
ネットで検索してみたら、他の写真は別の色をしていたので、これは幼体なのかな。

イズカサゴ
オニカサゴの名前で釣り人から愛されていて、とても美味しい深海に住むカサゴ。
特に魚に詳しくない僕でも食べたことがあるぐらい、ポピュラーな魚。これも深海の住人なのか。

ドフラインイソギンチャク
ドフライン博士が採集したからドフラインイソギンチャク。
イソギンチャクをバックにした、カニのドヤ顏がなんだか可愛い。

奥の方に写ってるベニカワムキっていう深海魚がメインの水槽だったのに、なぜか手前のカニが主役に。
ここまでの写真、カニ率高し!
ちなみに奥で泳いでるベニカワムキは、水圧の影響を受けやすく、生きた状態で水揚げされることが極めて少ない、貴重な深海魚だそうです。

ヌタウナギ
韓国旅行にいったときに、これとコチュジャンを和えたものを食べたことがあります。味は全く覚えてませんが。
水揚げしたときに他の魚もドロドロの粘液まみれにしちゃうから、漁師からは激しく嫌われてるみたい(笑)

序盤から見応えのあるエリアを抜け、次は「駿河湾の深海魚」エリアへ進みます!