試合や練習よりも、私生活を共にする時間の方が多い

2015年はどんなシーズンでしたか?

今年は長いシーズンでしたね。
チームもクライマックスシリーズまで進出しましたし、僕が担当していたルイス・クルーズ、アルフレド・デスパイネ、カルロス・ロサの三人が活躍したんで、その分取材もヒーローインタビューも増えて、とても充実したシーズンでした。
クルーズにはオールスターにも連れて行ってもらいましたし、そういう意味では今までのシーズンより印象に残る年だったと思います。

マリーンズで働いて7年になりますが、オールスターのベンチは初めての経験だったので、お恥ずかしながら他球団の選手たちと写真をたくさん撮ってきました(笑)
ただやっぱり、最後勝てずに日本シリーズに行けなかったことが、とても悔しかったですね。

野球選手の通訳と一般的な通訳業務との間に、違いはありますか?

やはり一番大きな違いは、通訳以外の仕事をたくさんするということでしょうか。
僕らはボール拾いもやりますし、選手の道具の片付けもしますし、あくまでもチームスタッフという立場なので、やれることは常に探して動けるようにしています。

試合に関して言えば、
ピッチャー(ロサ)とバッター(クルーズ、デスパイネ)は試合中にいる場所が違うので、ベンチとブルペンをしょっちゅう往復するんですね。
だからあっという間に試合が終わります(笑)

常に選手のそばにいらっしゃるんですね

試合や練習よりも、私生活を共にする時間の方が圧倒的に多いですね。
買い物にも付き合いますし、病院にも付き添います。
この辺の病院はしっかり把握していて、選手の子供が発熱したときなどにも、すぐに対応できるようにしています。
この前は、選手の奥さんが妊娠されて、産婦人科まで付き添いました!

1枚目:田原通訳とデスパイネ選手
2枚目:クルーズ選手とロサ選手

それだけ長い時間一緒にいると、選手の気持ちの変化などもわかりますか?

いまカチンと来たな、ってのはわかりますね(笑)
基本的には100%通訳をしますが、モチベーションを上げるのも私の大事な役割なので、選手たちがちゃんと聞いてくれるように、ニュアンスを変えて訳すこともあります。
やっぱり日本人と外国人の価値観は違う部分はあるので、多少なりとも調整は必要だと思いますね。
ただ、ここぞ!というときは、監督やコーチの勢いそのまま伝えますよ。