大人になると「きょうだい」がいるって心強いものですよね。
行き来があれば子ども同士を遊ばせたり、遠くに暮らしていても誕生日には電話をしたりと良好な関係を築けている人もいるのではないでしょうか。

けれど、子ども時代は

「きょうだいなんて、いらない!」

と思ったこともありませんか?
我が子は6歳の兄と4歳の妹の構成で、ふだんはわりと仲良しですが、ケンカすると両者一歩も引きません。
そんな状況をクールダウンさせるときにおすすめなのが、「きょうだい本」の読み聞かせです。
「兄妹っていいもんだな」と言える本を5冊紹介します。

妹の誕生を素直によろこべない、おにいちゃんのお話

大好きなママが、妹が生まれたせいで、ぼくと遊んでくれない―
両親の愛情を一身に受けてきた上の子にとって、下の子が生まれて「きょうだい」「かぞく」になることはすぐに納得できるものではありません。年齢が離れていれば話は別でしょうが、大抵の子は、何がしかの不安があるのではないでしょうか。

子どもがふたりになれば、ママやパパと遊ぶ時間は半分、おやつも半分、もしかしたら一緒に寝られなくなるかもしれないと。
もうすぐ出産というとき、わたしは息子に『ちびくまくん、おにいちゃんになる』をプレゼントしました。
書店には、兄と妹の関係を題材にした絵本が他にもありましたが、薄ピンクの背景にクマの兄妹がちょこんと座っている表紙がとても気に入ったのです。

あるひ、ママが いった。
「ちびくまくん、ママは しばらく おとまりしないと いけないの。
いいこで まっててね。すてきな プレゼントを もってかえるわね」
―本文引用

ちびくまくんはママが入院している間、パパとおばあちゃんと家で留守番をします。
パパとの買い物はカートに乗せてもらえず、おばあちゃんの手料理は苦手なもので、ママが恋しくってしかたありません。けれど、約束したプレゼントを楽しみに数日を過ごします。

退院の日、家に帰ってきたママは小さな赤ちゃんを抱っこしているのです。
ちびくまくんは、赤ちゃんの「ちいちゃん」がママと一緒に寝る理由もわかりません。ぼくと遊んではくれず、ちいちゃんのことばかりお世話するのです。

我が家の場合、ふだんの生活でお兄ちゃんが何かに我慢していることなんて、妹はこれっぽっちもわかっていません。自分の思い通りにならなくて癇癪を起したとき、『ちびくまくん、おにいちゃんになる』は有効です。
「ちいちゃん」に優しくできなかった気持ちに気づく「ちびくまくん」に、息子より娘のほうがハッとします。

「おにいちゃんにもさびしいときがあるんだ」

とほんの少しでも考えさせられたらしめたものです。

ちびくまくん、おにいちゃんになる | エマ・チチェスター・クラーク, たなかあきこ |本 | 通販 | Amazon

あるひママはおとまりにでかけた。いいこでまってたらすてきなプレゼントをもってかえってくれるって。ママにあいたいなあとおもったけど、ぼくはいいこでおるすばんをした。でも、かえってきたママは、ちっちゃなあかちゃんをだっこしてた!

ロングセラー「ノンタン」には妹のタータンがいた!

子育て世代のママパパにとって馴染みのある「ノンタン」。
私が幼かったころ、ノンタンシリーズの小さな絵本を親に持っていっては「読んでほしい」とねだった記憶があります。ノンタンを自分に置き換えて、おねしょをしないか心配したり、クリスマスプレゼントを贈ってくれるはずのサンタクロースを待っていたりしました。

ノンタンシリーズは今でも書店で探すことができます。
私の伯母が息子と娘に届けてくれたのが、『ノンタン いもうと いいな』です。
ノンタンを一回り小さくして、右耳に青のリボンをしているのが妹のタータンです。ふだんは仲良しなのに、ノンタンの友だちのブタさんに積み木を投げたときからタータンが邪魔な存在に感じます。

「タータンは だめ!
いっしょに
あそんで
やんない!」
―本文引用

友だちと遊ぶことに夢中になったノンタンは、タータンがその場からいなくなったことに気づきません。砂場でトンネルを作って、ふと気がつくとタータンの姿がないのです。

妹を必死に探す兄は、

「ぼくがやさしくしなかったからだ」
「なんで、あんなこといっちゃったんだろう」

と考えたはずです。もちろんタータンは見つかり、ノンタンは涙を流して意地悪を言ってしまったことを謝ります。
小さな絵本のなかに、とても感動的な話が収められていました。「ノンタンシリーズ」が長く愛され続ける理由がわかったような気がします。

ノンタンいもうといいな (ノンタンあそぼうよ) | キヨノ サチコ |本 | 通販 | Amazon

ノンタンのうしろにかくれているのはだあれ?ばあ!ノンタンそっくり、いもうとのタータンです。なかよくいっしょにあそびはじめたのですが…。