昔大学で一緒に学んだ友人が、

「ミミズだってオケラだってみんな友達と教わってきたけど、幼稚園のときから蚊だけは友達じゃないと気づいていた」

という名言を残しています。
なぜこんなことを書くかというと、
私つい先日、家族で遊びに行った湯河原の地で虫に噛まれ、甚大な被害を被りました。
あまりにも痛い思い出となったので、備忘録も兼ねてレポートさせていただきます。ちなみに時系列で書いておりますので、前半部分はほぼ僕の日記です。

被害当日

5月末に湯河原で「湯かけまつり」が行われるということで、子供たちを連れて実家のある湯河原に行ってきました。
上の写真は、とある別荘で家族でBBQをしている場面です。私の親の写真なので特に隠す必要もないのですが、ネットのリテラシーには気を使っていますよアピールということで★マークをつけますね。

油断していたわけではありません。
屋外でのBBQといえども三方向に蚊取り線香を配置し、その魔法陣の中に居座り、左目で肉を見ながら、右目はいつでも蚊を捉えられるように準備していました。
しかし蚊の方も種保存に必死なのか、無念ではありますが、やはり数カ所刺されてしまったのです。

かゆさを感じた瞬間は、

「この蚊取り線香の煙をかいくぐられたかー!」

ぐらいに思っていたのですが、刺された足を見てみると、かなりの量の血がスーっと流れているではないですか。
よく見るまで気づきませんでしたが、右足だけで既に7箇所刺されていました。7箇所全て腫れの中心の穴から血が滴っていて、刺された箇所を指でグーっとつまむと、血と一緒に透明な液体も出てきました。
屋外に虫はつきものですが、ここまでされてしまうとギブアップ。幸い子どもたちに被害がなかったので、BBQを切り上げて室内に入り、キンカンを惜しみなく塗り塗りしてから、ひと眠りしました。

…蚊じゃないっぽいんですけど…

1時間ぐらいまどろんだでしょうか。
右手に尋常じゃない痛みを感じて、たまらず起きました。右手を確認してみると薬指が刺されて赤く腫れ上がっています。足だけではなく手の指まで刺されていたようです。

これ…蚊じゃねえじゃん…

というのもですね。
BBQの片付けをしている際に、小さい虫が僕の薬指にとまったんです。見慣れない虫だったので、これはなんていう虫なのかなーと観察して。
あのゼブラ柄の忌々しい蚊のフォルムだけを警戒していたので、その小さな虫は特に気にも留めていなかったのですが、右手と両足に尋常ならぬ痛みを感じた今、あらためてスマホで調べてみるとそいつの正体は、

金山deやましごと - 楽天ブログ

金山deやましごと - 楽天ブログ

ブヨでした!!

くそっ!一ヶ月経った今でも、写真を見たらあの忌々しい記憶と怒りがこみ上げてくる!
自分で自分が許せない!
目の前で呑気にブヨに吸血を許すなんて!
足を刺したのも全部ブヨの仕業だったわけです。
僕は再度キンカンを塗りたくり、激しい痒みをどうにか堪えてその日を乗り切ることにしました。

こんな楽しそうな祭り(湯河原湯かけまつり)も、ブヨのせいでまったく楽しめませんでした。。。

東京に戻る車内でも痛みは増すばかりでしたが、幸い長時間の移動で体力を消耗していたため、家に戻って風呂に入ったらすぐに眠れたことがせめてもの救いでした。