先に書いておきますが、
このレポート記事は、作品中のセリフを僕なりに解説していくという性格上、盛大にネタバレします。
それが嫌な方は、ぜひ最初に作品を読んで、このレポート記事に帰ってきてください。
僕と体をフルフル震わせながら、感動を共有しましょう。

あらすじ

猫と人間、それぞれの愛と友情の物語。
ひょんなことから、長距離トラックで東京にきてしまった黒猫ルドルフ。土地のボス猫と出会い、このイッパイアッテナとの愉快なノラ猫生活がはじまった……。

青少年読書感想文全国コンクール課題図書/第27回講談社児童文学新人賞

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』公式サイト

映画『ルドルフとイッパイアッテナ』公式サイト

上に書いたあらすじは、講談社の書籍紹介ページから転載したものなんですが、

軽い!!あまりにも軽い!!
これだけじゃ、もしかしたら買わない人が出てきてしまうかもしれない!俺にあらすじを書かせろ!2000文字ぐらいで濃厚に書いてやる!

取り乱しましたが、本当に素晴らしい作品です。
児童文学という括りで見た場合、そのクオリティの高さに驚愕します。
ストーリーの構成も素晴らしく、
特にクライマックスにかけて怒涛の盛り上がり方を見せます。

公開された映画の予告編も貼っておきますね!

『ルドルフとイッパイアッテナ』特報 - YouTube

youtu.be

2016年8月公開 公式サイト:http://www.rudolf-ippaiattena.com/ (C)2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会

そしてこの作品において、
何よりも重要な要素が「教育」なんです。
酸いも甘いもたくさん経験してきた百戦錬磨のボス猫が、純真で小さな黒猫に、人生(猫生というべきか)を強く生き抜くための術を教えていくという、子供の教育にとってうってつけの児童書だと言えます。

ボス猫のイッパイアッテナは、世の父親が秒速で弟子入りを申し出るぐらい、男気の溢れたナイスガイなので、今回のレポートでは、彼が黒猫ルドルフに示した名言、そして彼を慕うルドルフの純真すぎる名言の数々を、ストーリーを追いながら紐解いていきましょう。