新連載コラムが、個人的な話から始まってしまい申し訳ないのですが、先日結婚10周年を迎えまして、妻と二人で信州の上田に記念旅行に行ってきました。
結婚した当初は

「10周年はヨーロッパ一周だな」

なんて呑気に考えていたのですが、現実は厳しいですね。
ここらへんでもう一度気を引き締めるべく、小休憩を兼ねて旅をすることにしました。

信州の地で出会った「日本100名城スタンプ」!

先ほど旅行先は上田といったのですが、正確には千曲市の上山田温泉です。
そこを拠点にして、松代や上田に観光に訪れました。
東京からは車でおおよそ3時間。
当初は新幹線&レンタカーも検討していましたが、料金を計算してみたら圧倒的に車で行った方が経済的だったので、休み休み、無理なく運転していきました。結果的に正解でしたね。

チェックインまでまだ時間があったので、ホテルから30分ほどの川中島古戦場を観光することに。
結果的にこの行程が、日本100名城制覇への道の始まりでした。

川中島古戦場の近くに松代城があるというので、足を伸ばすことに。
ちなみに私、日本の歴史が好きでございまして、かねてより日本各地を旅した際には、近隣の史跡を巡るのが楽しみの一つです。今回も行けるところは行こうと思っていたので、松代城を訪れたことは計画のうちでした。

一通り松代城を見て回り、すぐ側の真田邸に移動したときです。
入場券を買おうとしたときに、ひとつのスタンプ台を発見しました。

日本100名城

松代城の名前とともにそう書かれたスタンプを見て、私は初めて、公益財団法人日本城郭協会が選定した「日本100名城」というものが存在することを知りました。
しかも専用のスタンプ帳も販売されているとか!
幼少期のビックリマンチョコから始まった私のコレクター魂に、ボウッ!と火がついた瞬間でした。

スタンプラリーが始まったのが2007年だそうですが、俺は7年間いったいなにをしていたんだ。。。

とにかくスタンプ帳を手に入れなければ!

松代城のスタンプは、備え付けの用紙に押して持ち帰ることにしました。
スタンプ帳は二種類あるようで、どちらも書店や通販で手に入るということです。次の日には上田城を観光する予定があったので問い合わせてみると、上田城のそばにある観光会館のお土産コーナーで販売していることが判明。さすが真田丸ブーム!

秒速で入手しました!
公益財団法人 日本城郭協会が監修する『日本100名城公式ガイドブック』。
この巻末付録として、100名城のスタンプ帳がついているのです。
1,500円(税別)とそれなりの値段ですが、100名城選定の基準や、原始古代・中世・近世の城の変化、各城のガイドなど、読み応えはあるので満足しています。

上田城の観光もして、スタンプを押しました。
最初の押印だったので気合を入れて体重を乗せすぎてしまい、滲んじゃった。。。いきなりテンションが下がりましたが、まあこれも味になるだろうと割り切ることに。
松代城のものは用紙を枠に合わせて切り取り、糊で貼り付けました。

何年かかってもいいから、家族で日本100名城全部回るぞ!
こう思うとものすごく楽しくなってきたんですが、同時に、あることに気づいたんですね。
考えて見たら僕、100名城に選ばれているお城、けっこうな箇所訪れているのです。。。