とっても楽しくて美味しい「味噌」づくりイベント!

埼玉県川口市で地域に密着し、ママや子どもたちから大人気を博しているワークショップイベント『 KAWAGUCHIいどばた』は、多種多様な題材のワークショップを定期的に開催し、今回20回目を迎えました。
その題材に選ばれたのは「味噌」づくり!

午前と午後の部、どちらも定員いっぱいの参加者が集まりました。
パパやママの食へのこだわりや、子供に手作り体験をさせてあげたいという思いが伝わってきます。

今回の味噌作りの講師は、昭和10年の創業以来、こうじや甘酒、いりぬかを販売する老舗伊勢惣さん。
伊勢惣の独自の開発により、元来扱いの難しかった生麹は、低温乾燥して広く流通できるようになりました。
今回は同社が昭和53年より販売を開始した「手造り味噌セット」を使います。

講師の待井さん。
丁寧に実践しながら、教えてくれます。

乾燥こうじと、大豆を混ぜ合わせます

まずは乾燥こうじとすり大豆を混ぜ合わせます。
本来は大豆を煮てすり潰す工程が必要なのですが、時間のかかる作業なので、今回は予めすり潰された大豆を使います。

スタッフの方が、上手な混ぜ方を教えてくれます。

夫婦で仲良く共同作業♪

子どもたちも小さな手で一所懸命混ぜています!
硬すぎてパサパサだと発酵熟成が進まず、反対にユルユルだと後で乗せる重石が沈んでしまいます。ちょうどよい硬さに調整するように、煮汁を加水しながら混ぜていきます。
このときにムラなく混ぜることが、美味しい味噌の条件!

さて、次はこれらを仕込み容器に詰め込む工程です。