めざせ!!泥だんごアーティスト!!

幼稚園や小学校で、必ずクラスに一人はいた泥だんごアーティスト
泥だんごアーティストとは、至高の泥だんごを求め、休み時間中ずーーーっと泥だんごを作りつづける子どものことです。
私が通う幼稚園にもそんなアーティストがいたのですが、とりつかれたようにただひたすら泥だんごを生成しまくる彼に、子どもながら狂気を感じていました(笑)

泥だんごに無関心な幼少期を過ごした私でしたが、ある日こんな興味深いものを見つけてしまいました。

ハイパー!泥だんご

ガチャガチャ『ハイパー!泥だんごキット』
「時代は泥だんごをカプセルトイで売るところまで来たか!」とビックリ!!
ガチャガチャで泥だんごキットが売っているだけでも面白いのに、常識を覆すピカピカ泥だんごが作れるとあって、とても興味が湧きました。
泥だんご無関心歴22年の私でしたが、気がついたらガチャガチャしていました(笑)

泥だんごキットの中身…

ハイパー!泥だんご

今回ガチャガチャで出てきたのは、飾り台がブルーのもの。
『ハイパー!泥だんご』の前に販売されていた『スーパー泥だんご』では、5種類の泥だんごキットそれぞれに色粉が含まれており、色違いの泥だんごが作れるようになっていました。
ですが、『ハイパー!泥だんご』シリーズでは色粉は含まれておらず、代わりに飾り台の色だけが異なるつくりに変わったようです。

中身は、飾り台・カプセル・チャック付き袋・土台砂・みがき粉です。
他にも作り方の説明書も入ってました。
説明書を見てみると他にも、水9cc・下敷き(表面がつるつるしたもの)・新聞紙orビニール袋など(作業前に敷くため)・ハサミが必要とのことでした。

いざ、泥だんご作り開始!!

さっそく泥だんご作り開始!!
まずは土台砂をチャック付き袋に入れ替え、その中に水を9cc入れ…

ハイパー!泥だんご

…過ぎました。
水を目分量ではかったせいですね…完全に多く入れすぎたと後悔しました(笑)
その後は水と砂が混じり合って泥になるように、よくもみ込みます。
私の場合、水の量が多かったのでしっかりもみ込みました。

次の工程で、下敷きの上に作った泥を出し、手でつぶすように練るのですが…
これまた水分多めでビチャビチャなので練る必要性が0でした(^^;;
ちゃんと出来上がるのかと不安なうえ、泥だらけの手に嫌気がさして、この時結構本気で「泥だんご作りやめたい…」って思いました(笑)

ハイパー泥だんご

仕方ないので、ビチャビチャ泥のまま次の工程に進みます。
泥だんごの芯となるカプセルを泥で包みます。
包むことさえままならなかったので、私は手のひらでコロコロ転がし続けました。

すると…

奇跡起きた…
転がすうちに水分が蒸発したのか、固まりやすい粘土質の泥になってくれました。

感動しました…まさかちゃんと形になってくれるなんて…(泣)
びっくりするほど言うことを聞かない我が子が、ある日しっかりした一面を見せてくれたかのような気持ちでした…私子どもいないけど…。
もうここからの泥だんごちゃんは本当に素直で、なんでも言うことを聞いてくれました。

ハイパー!泥だんご

改心した泥だんごにみがき粉をふりかけ、余分な粉はふるい落とします。
みがき粉が水を吸って黒くなったら、また粉をかけます。
この時、みがき粉を薄くつけるのがポイントです。
あまりつけすぎると、後で光沢が出なくなったり、ヒビが入る原因となります。

ハイパー!泥だんご

ここからは仕上げに入ります。
新聞紙などの新しい紙の上で、泥だんごを左右に5分間転がします。
私は雑誌を使用しましたが、白い服の男の子がめちゃくちゃこちらを睨んでるようで、「ごめん…」と思いながら転がしました。

ハイパー!泥だんご

円を描くように約5分間優しく転がします。
そして泥だんごを30分休ませます。

その後また円を描くように10分間転がします。
二度目の30分間の休みを入れて、下敷きの上で優しく転がせば…

ハイパー!泥だんご

かんせーーーい!!

最初のビチャビチャからは想像もつかない固まり感!!そして光沢感!!
ものすごい達成感です!!

泥だんごをカラフルに!

ちゃんと泥だんごができて大満足の私でしたが、ここで説明書に色付け方法が書いてあることに気づきました。
なんとチラシの色が付いている部分に擦り付けるだけで、オリジナルのカラーリングができるんだそう!!

ハイパー!泥だんご

さっそくチラシを使って色付けをしていきます…ゴシゴシ…。
泥だんごを壊さないよう注意が必要なので大変ですが、優しくこすって地道にカラーリングをほどこします。

結果…

ハイパー!泥だんご

地球が生まれた…

海特集の広告をゴシゴシした結果、惑星感が半端ないブルー泥だんごが出来上がりました!!
もう大大大満足!!
我が生涯に一片の悔いなし!!

大人も子どもも楽しめる泥だんご作り!!

今回初めて本格泥だんご作りにチャレンジしてみて、泥だんごアーティストだった子の気持ちがよくわかりました。
土と水さえあればできるシンプルなアート作品にもかかわらず、丹精込めて作れば、今まで見たこともないようなオリジナル作品が出来上がる。
それが泥だんごなんだなと感じました。

時間は私がこだわったためか二時間半かかりましたが(笑)、それでも作り方は練って成形して転がすという大変シンプルなものです。
子どもでも十分楽しんで作れます!
ぜひ、親子で『ハイパー!泥だんご』で、自分だけのピカピカ泥だんごを作ってみてください♪

ハイパー!泥だんご| IP4 Inc. アイピーフォー株式会社

Price

IP4(アイピーフォー)が販売しているカプセルトイ(ガチャガチャ、ガシャポン)商品のハイパー!泥だんごをご案内しています。