日本では例のごとくインフルエンザが流行ってるようですが、実はネパールではぜんぜん聞いたこともありません。
土埃対策でバイク乗るときにマスクする以外は誰もマスクもつけないし、殺菌とか消毒とかうがいとかほとんどしないのにね。

早いものでこのコラムも八回目となりました!
今回はネパール年間最大のお祭り、ダサインのお話からです。

ダサインというお祭り

もう去年の話になりますが、ネパールの年間最大のお祭りダサイン。
学校も仕事も国全体で2週間丸々休みになります。
うちのこどもたちはダサインをネパールで迎えるのは初めて。本人たちは

「またー?どんだけプジャ(お祈りの儀式)やらなきゃいけないの。。。?」

といった風で、めんどくさそうでしたが、自分のルーツである大事な母国の文化。家族の幸福を祈る一連の儀式をしっかり目で見て体感してもらわないと。

ということで、お祭り初日目に家の中の聖なる場所であるキッチンやパントリーに大麦の苗、その名も「ジャマラ」を植えます。10日目のダサインまでにむくむくと育つジャマラ。

海外に住む家族もダサインのために帰省する人が多く、家族が一斉に集まります。私たち家族も引っ越し先のポカラから、ダサインとその後のティハールという祭りのために一ケ月間帰省しました。
私も本格的にダサインをネパールで過ごすのは結婚して10年目にして、案外今回が初めてでした。
まあ、簡単に言うとほぼ毎日パーティー!!!!
ひたすら親戚回りして食べて飲んで。それだけです。

ダサイン祭、別名「肉のお祭り」なのですが、町は生贄に捧げられるヤギでいっぱい。
うちも今年は親族で一匹のヤギを買い、分けて食べました。ククリという伝統のナイフで首を落とす方法で生贄にするのですが、今年はそれは直接目にしませんでした。実際エグくて見られません。

ダサインには凧揚げとブランコをして遊ぶのがお決まり。
あとダサインと言えば賭けトランプですね。老いも若きも男も女も5ルピー(5円相当)~のお札を山盛り賭けて遊びます。
トランプに燃える大人は、勝ったお金を「ジトウリ」と言って、子供たちにチップとして渡します。

ダサイン10日目のメインの日は、初日に植えたジャマラを摘み取って、家族全員でお祈りの儀式をします。
おでこにはお祈りの赤いティカと、頭にジャマラです。
子どもたちはネパールのお祭りと親戚付き合いの多さに、なかなかぐったりしちゃってますが、近年では忘れられがちな

「人と人とのめんどくさいほどの繋がり」
「家族への思いやりと絆」

そんなことがやっぱり生きていくうえでは大事なので、ちょっとずつ分かってもらえたらな。そんな親心です。
それでは次ページでは我が家の近況をご紹介いたします!