竹輪(ちくわ)と聞くと、何を連想しますか?
僕(37歳)はですね、ファミコンの「忍者ハットリくん」の、ジンゾウがちくわを投げまくるボーナスステージが瞬時に浮かびます。たまに鉄アレイを混ぜてくるやつです。

忍者ハットリくん ノーマルプレイ 1/4(AREA01~04) - YouTube

youtu.be

どうですか?
僕と同世代のパパさんたちは、今ノスタルジーで目頭が熱くなっていることでしょう。

いきなり話が逸れましたが、
竹輪は子供のお弁当でも活躍、おでんでも活躍、ビールのおつまみにも活躍。さらに高タンパクで低カロリーということもあって、ダイエット食品としても愛されている万能型の食品です。
今回はその竹輪をつくる体験教室に参加してきたというお話ですよ。昔懐かしの名作ファミコンゲームを羅列するというレポートではありませんので、あしからず。

鈴廣かまぼこ「かまぼこ・ちくわ手作り体験」に参加!

小田原・箱根の観光地 鈴廣かまぼこの里|箱根・小田原のお土産を販売する観光スポット

小田原・箱根の観光地 鈴廣かまぼこの里|箱根・小田原のお土産を販売する観光スポット

ということで行ってきました!
神奈川県小田原市風祭にある「鈴廣かまぼこの里」
箱根登山鉄道「風祭」駅のあたりに広がるこの施設は、さながら一つのテーマパークのようで、多くの人で賑わっておりました。ここにある「かまぼこ博物館」で、手作り体験を行います!

子供たちもテンション高め!
※ちくわは目隠し用です。

ちなみに手作り体験は「かまぼこ」か「ちくわ」のどちらかを選べるのですが、かまぼこの場合、焼き上がりに70分かかるので、焼きあがり15分のちくわに即決!
でも、周辺の施設もお店の商品も豊富だったので、今考えてみたら70分は余裕で待てたな〜とも思いますが。

ちくわ人気ありすぎ!!
長期休暇や連休の時期は早々に埋まってしまうので、早めの予約をオススメします!僕らも2ヶ月ほど前から事前申込をしました。
親は子供に無料で付き添えるようだったので、僕は長男とペアで挑むことに。
予約した時間まではまだ時間があったので、子供たちを連れて博物館内を一通り回ってみます。

館内では、かまぼこやちくわがどういった流れで作られているのかというディスプレイにはじまり、材料として使われる魚たちの説明、全国の練り物の分布図やグッズの販売まで、正直「かまぼことちくわでここまで引っ張れるものか」と驚くぐらいのボリュームです。
鈴廣かまぼこの歴史も学べるし、しっかり企業のミュージアムとして成り立っていますね。