100名城制覇に向けて、まずは近場の城をリストアップしました。
住んでいる東京都北部から一番近いのは、言わずもがな江戸城。そしてその次に近いのが、埼玉県川越市にある川越城でした。

ということで、この川越城を軸にして、この春休みは小田原北条家に所縁のある城巡りプランを実行!家からそこそこ近い埼玉の城と、私の両親が住んでいる神奈川県湯河原町を拠点として、回れるだけ回ってみたいと思います。宿泊費が不要なので気が楽です!

東日本に現存する唯一の本丸御殿

川越城・本丸御殿

川越城へは車でアクセス。
関越道の川越ICから距離はそこまで無いのですが、16号線をはじめとする周辺の道路がことごとく渋滞します。車で行く場合は、予定よりも余裕を持つことを強くオススメします。
本丸御殿の敷地内に無料で駐車可能できました。

川越城・本丸御殿

この日は長男と次女の二人を連れていきました。
長男は学校の友達と歴史の話をちょくちょくしているようですが、次女(5歳)にいたっては何がなんだかわかっていません。朝起きて、今日はお城に行くんだよ、と伝えると、

「シンデレラみたいな人いる?」

と、そっち系のお城を想像しているみたいです。当たり前っちゃ当たり前ですよね。
入り口で写真を撮ったあとは、受付で100名城のスタンプを押して、いざ本丸御殿に突入!

川越城・本丸御殿 廊下

川越城・本丸御殿

本丸御殿とは、城主が住んだり政務をしたり、客人に対応したりする、城において極めて重要な場所です。
この川越城の本丸御殿は東日本に現存する唯一の本丸御殿として、貴重な遺構なんですね。
現代風にいうとプライベートとビジネスが同居する空間なので、例えば廊下の材質を変化させたり、壁紙を変えたりと、私的空間と公的空間の区別に様々な工夫が凝らされているようです。

川越城・本丸御殿

なぜか正座する二人。
ちなみに長男はフードをこよなく愛しており、少しでも寒いと基本的にかぶるというこだわりを持っています。

川越城・本丸御殿・日本100名城スタンプ

二人が正座していた部屋には、日本100名城のスタンプ一覧が飾ってありました。
これから全部集めようという私に、厳しい現実を突きつけてきます。何年かかるんだろうか。。。

川越城・本丸御殿・家老詰所

奥に進むと、家老詰所に続く廊下と庭園があります。
川越城解体後、家老詰所は別の地域に移築されていたようですが、後々それが重要遺構である家老詰所と判明。平成二年にこの場所に復元されたそうです。
庭園はもともとスペースとしてあったものなのか、本丸御殿補修以降に作られたものなのか不明。

川越城・本丸御殿・家老詰所

ペリー黒船来航の際に川越藩が品川台場の警備を任されたことについて、家老が話し合う姿。
神妙に聞き入っているようですが、御察しの通り、これは私の指図でこういうポーズを撮っただけです。