川越城の歴史

川越城の築城と北条家の支配

室町時代、武蔵国の覇権をめぐって争いを続けていた扇谷上杉家(おうぎがやつうえすぎ)は、その本拠地として太田道灌の主導のもと、川越城(河越城)を築城したと言われています。
この扇谷上杉家と、関東管領本家筋の山内上杉家、それに加え古河公方(こがくぼう)がいがみ合っている最中、小田原北条家始祖北条早雲が台頭し、その息子である二代目・北条氏綱が、さっそうと川越城をかっさらっていきます。

日本三大奇襲「河越夜戦」

川越夜戦跡・東明寺

[写真]河越夜戦激戦の地、東明寺

以降、この川越城を巡って小田原北条家と扇谷上杉家とで多くの戦闘が繰り広げられるのですが、特に激しく有名な戦いが「河越夜戦(かわごえよいくさ)」です。

三代目の北条氏康の代、山内上杉家の上杉憲政は、関東全体に号令をかけ、氏康の弟である北条綱成が守る川越城を包囲します。その数なんと8万!
対する川越城の兵は3千しかおりませんでしたが、有事のために兵糧を蓄えていた綱成は、なんとか持ちこたえ続け、背後の今川義元との戦を収めた氏康は、8千の兵を引き連れ川越城の救援に向かいました。

圧倒的な戦力差がありましたが、長い戦で緊張感の抜けていた敵に対して、氏康は偽の投降工作を行ったり、揺さぶりを続け、ついにある夜、自軍の8,000を四隊に分け、甲冑を脱がせて身軽にさせて奇襲をかけました。
かくして小田原北条は川越城の奪還および、武蔵国を手中に収めたという話です。

川越城 本丸御殿 広間

本丸御殿の広間が残っているのは、全国でもここ川越城と高知城の二つのみで、貴重さが伺えます。

川越城・本丸御殿 広間

とりあえず座ってみるよね。

遺構が少ないので屈強な城というイメージは湧かないものの、本丸御殿の作りは興味深く、江戸時代にはここを中心に城下町が栄えたので、歴史的にはとても意味のあるお城だと感じます。

安土桃山時代は、小田原北条家の大道寺政繁が城代を勤めるのですが、豊臣秀吉の小田原征伐の際に圧倒的敗戦をうけて、彼は豊臣側にまわり、自身の城であった川越城の道案内をするんですね。そして川越城は、前田利家の前になすすべもなく降伏します。切ない。

川越の街並み

目の前には三芳野神社

本丸御殿の正面には、三芳野神社が隣接しており、ここにも立ち寄りましょう。
この神社は童謡「通りゃんせ」の発祥の地とされており、石碑も立っていました。ついでに川越城の七不思議について書かれた立て札もあり、上の写真は長男が熟読しているところです。

非常時には井戸から霧が立ち込め、川越城を隠してしまったという「霧吹きの井戸」の話を読んで、

「んなアホな」

と一笑していました。
なんとロマンの無い子どもでしょう。

川越城・小峰商店

三芳野神社の敷地内には、小峰商店という駄菓子屋と軽食が一緒になったお店がありました。
子どもたちのテンションがここでMAXになったことは、言うまでもありません。本丸御殿ではみせなかった目の輝きで、駄菓子をカゴに詰めていきます。

川越城・小峰商店

私は250円で焼きそばを注文。
もはや「細いうどん」ってぐらいの太い焼きそばです。味もなんだかクセになる感じ。

川越城は都内ことから近い上に、本丸御殿の面積も広く無いので、数時間で一回りできてしまいます。
小江戸と呼ばれる城下町の観光と併せて、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

春休みの小田原北条家に所縁のある城巡りプラン、第1城目を終了。
このあとは関越道路を北上て、埼玉県寄居の鉢形城に向かいます!レポートは後日お届けします。