そろばんの現在(いま)について調べてみる

我が家には子供が三人いるのですが、ピアノを基本線として、何かもう一つ習いごとはさせてあげたいなと常々考えていて、一向に膨らむことのない財布と相談しながら、選定を続けているところです。
そんなおり、先日ふと、

(そういえば、そろばん塾って最近どうなんだろ…)

と考え、ネットで調べてみました。
このスマホ全盛の時代に、苦戦をしいられていることは想像に難くないですが、無くなっているってことはないでしょうし、そろばん塾が現在、各家庭にどのように訴求しているのか、純粋に興味が湧いたのです。

そろばん塾に通わせる理由

ケイコとマナブ.netの『子供の習いごとランキング2016』を見てみると、水泳、英会話、ピアノといった、不動の人気を誇る習いごとに続いて、しっかり10位にランクイン。
他のサイトもいくつか見てみましたが、そろばんは今でも、習いごとの定番として一定の評価は得ているようです。

そろばんが上達することによって、計算が早くなるといった直接的なメリットよりも、

・集中力を養う
・指先を使って脳を活性化させる

といった、付加的な効果を期待して送っている家庭が多いように感じましたね。
計算問題が読み上げられる「読み上げ算」を例にあげると、

聴く→見る→弾く

という工程を一連の流れで瞬時に行う、脳に刺激をビンビン送るトレーニングなのです。

小学生の時点で計算が早いと、勉強をするうえでもかなりのアドバンテージになると思いますし、より向上心を持って勉学に励めることでしょう。
偉そうに分析していますが、僕は学校の授業で少し習っただけので、そろばんの仕組みをなんとなく思い出せるレベルです。

そろばん塾の学費と通塾ペース

調べて見ると、最近では「ピコ」というそろばん塾が人気のようですね。
ピコは独自の教室を構えるスタイルではなく、各地の塾と提携する形でフランチャイズ展開していて、その数は全国で500を超えています。そろばん人気はまだまだ健在!

ペースは週1〜2回
月謝は4,000円〜6,000円

受験を控えた小学校低学年や、未就学児に特に人気で、本格的な勉強に移行する前の下地作りとして、親から支持されているのだと推測できます。

ピコ(名前が可愛い)のことをもっと調べてみたかったんですが、オフィシャルのWebサイトが見つかりません。
フランチャイズ展開してるからなのかな…
いや、そうだとしても本部のWebサイトぐらい持つべきだろう…

とにかく、ピコの順調な業績アップを見てもわかる通り、まだまだ「そろばん塾」のニーズがあるということです。
いまのところ教室の一覧表示のようなページが見つからないので、興味のある方は、お住いの近くにピコがあるか、各地域ごとに検索してみてください。

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」 | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」 | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

そろばんについて調べていると、そろばんメーカーの株式会社ダイイチが運営する「そろばんビレッジ」なる施設を発見!
播州そろばんが購入できるほか、なんとオリジナルのそろばんを製作できるというではありませんか!

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」 | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」 | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

兵庫にあるのでなかなか行けないのですが、Webサイトの情報を見ると、定期的に全国各地に出張しているそうなので、近くで開催する情報をキャッチしたら、ぜひ子供たちに体験させてあげたいと思います。

オリジナルそろばん製作所「そろばんビレッジ」 | 株式会社DAIICHI(ダイイチ)

どの世代でも楽しめる小さな「そろばん製作工場」!
分かりやすく学べる「そろばん学習体験グッズコーナー」!
お子様があきあきしない「おもちゃ・遊具がいっぱい」!