ひなまつりは女の子の健康や幸せを祈る季節の行事。
女の子にとっては、お雛様みたいに特別扱いしてもらえる、ちょっと嬉しい日です。
でも、そもそもなぜひなまつりには雛人形を飾ったり、ちらし寿司を食べたりするのでしょう?よくよく考えてみるとちょっと不思議な風習です。今回はひなまつりや雛人形のルーツ、ひなまつりの食事の意味について調べてみました。

おひなまつり、送迎会etc | 結婚式場|ウエディングパレス敷島

おひなまつり、送迎会etc | 結婚式場|ウエディングパレス敷島

ひなまつりは邪気祓いの行事だった?

古代中国では季節の節目には邪気が入りやすいと考えれられていて、3月最初の巳の日、上巳(じょうみ)に邪気祓いをおこなう風習がありました。
これが遣唐使によって日本に伝えられ、日本でも3月に邪気祓いをおこなうようになったそうです。これがひなまつりのルーツと言われています。

季節の節目の邪気払いとして男女問わずおこなわれていた行事が、ひなまつりという女の子のための行事となったのは江戸時代になってからのこと。
江戸幕府によって五節句が定められ、そのうちのひとつ「端午の節句(5月5日)」が男の子の節句として祝われるようになったことから、「上巳の節句(3月3日)」が女の子の節句として定着するようになりました。
その後、人形作りの技術が発展し、それまで主流だった「流し雛」から、自宅に飾る、という習慣に変わり、現在のような華やかな女の子の行事となったそうです。

なぜ雛人形を飾るの?

和紙ひな人形展と流し雛 - 奄美の里インフォメーション - Yahoo!ブログ

和紙ひな人形展と流し雛 - 奄美の里インフォメーション - Yahoo!ブログ

人形に穢れを移して川や海に流す、平安時代の「流し雛」が雛人形のルーツと考えられます。
ただ、この時代の人形とは「ひとがた」と言って、あくまで人の穢れを移す身代わりでした。
人形が現在のように可愛がられる対象となった背景には、平安時代の「雛遊び(ひいなあそび)」の流行があるようです。

「雛遊び」とは、紙の人形を使ったままごとのような遊びで、平安時代に宮中や貴族の子女の間で流行しました。「雛」には「大きなものを小さくする」「小さなかわいいもの」という意味があるそうです。
この雛遊びの人形と、身代わりのための「ひとがた」がひとつになって、男女一対の紙製の立雛が誕生します。これが雛人形のはじまりといわれています。
江戸時代になり、五節句が定められ、3月3日が女の子の節句として定着すると、娘の厄を受ける雛人形はその家の財力を象徴するものとして華やかになっていきます。人形を作る技術も向上し、豪華なものが作られるようになり、雛人形は流すものから、現在のように飾るものに変わっていきました。

ひなまつりと桃

ひなまつりの3月3日は「桃の節句」とも言いますね。
なぜ「桃」なのでしょうか。それにはいくつか理由があるようです。

桃の季節ということもありますが、古くから桃には邪気を祓う力があると考えられていたことも関係があります。(鬼退治に行くのが桃から生まれた桃太郎なのも、桃は邪気(鬼)祓いになると考えられていたからだとか。)

また、古代中国に桃の花が流れる川の水を飲んだら300歳まで生きたという故事があることから、古くから桃は不老長寿の植物と考えられてきました。
桃は百歳(ももとせ)にも通じ、長生きできるように、桃の節句には桃の花を浸した桃花酒(とうかしゅ)を飲むという風習もあったそうです。
「桃」には邪気祓いと健康長寿の意味があるのです。

国立あひるの家ブログ 日々の出来事

国立あひるの家ブログ 日々の出来事