関東の球場

横浜スタジアム(神奈川・関内)横浜DeNAベイスターズ

チケット料金・座席図 | チケット | 横浜DeNAベイスターズ

チケット料金・座席図 | チケット | 横浜DeNAベイスターズ

●C³(シーキューブ) ティラミス リビングBOXシート

横浜スタジアムには、多くのボックスシートが用意されていますが、家族で行くなら、2017年から新設される「C³(シーキューブ) ティラミス リビングBOXシート」をオススメします!
フラットなマットが敷いてあり、小さい子どももリラックスできるうえに、なんとこの席で観戦する人数分の「ティラミス」がプレゼントされるというではありませんか!
4人席BOXと、5人席BOXが用意されています。

ティラミス食べるのに夢中になって、筒香のホームランを見逃さないように気をつけてくださいよ!

チケット料金・座席図 | チケット | 横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ

明治神宮野球場(東京・外苑前)東京ヤクルトスワローズ

2017公式戦 見切れ席 | 東京ヤクルトスワローズ

2017公式戦 見切れ席 | 東京ヤクルトスワローズ

●とことん格安で見る!「外野A見切れ席(ポール)」

頻繁にお子さんと二人で野球観戦するパパも多いことと思います。質よりも量じゃ!という方は、この条件付きの席で格安な野球観戦をおすすめします!

ファウルポールで視界が遮られるということで、一番安い試合は1,400円( Swallows CREWなら1,000円)で観戦可能!一ヶ月に10回行っても1万円!
考えようによっては、山田哲人のライナーがポールを巻いたか巻いてないか、ビデオ判定より正確なジャッジができます!

2017公式戦 見切れ席 | 東京ヤクルトスワローズ

通常価格よりオトクな価格設定!
見切れ席はスワチケと神宮球場での販売です

メットライフドーム(埼玉・所沢)埼玉西武ライオンズ

メットライフドームチケット スタンダード料金・座席|埼玉西武ライオンズ

メットライフドームチケット スタンダード料金・座席|埼玉西武ライオンズ

●くつろぎながら球場全体を俯瞰できる!「ふらっとリビング」

寝転びながら試合観戦ができる、家族向けのシート。トイレもダイニングも近いので、総合的に使い勝手の良いシートです。
メットライフドームは構造上、夏は暑くて冬は寒いので、春先はブランケットなどの準備も忘れないでくださいね!
ここでしみじみと、岸くんや涌井くんの幻影を見ながら、ノスタルジーに浸るのも悪くありません。

メットライフドームチケット スタンダード料金・座席|埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズのチケット情報です。埼玉西武ライオンズが主催するメットライフドームのスタンダード価格と料金を紹介します。

ZOZO マリンスタジアム(千葉・幕張)千葉ロッテマリーンズ

●雨でもへっちゃら!「Seat M Rosso(シート M ロッソ)」

ZOZOマリンスタジアムには、お座敷シートやフィールドボックス、テラス席など、家族向けのシートも多いのですが、今回は今年から新設された「Seat M Rosso(シート M ロッソ)」をおすすめ!

屋外の球場に共通していえるのは、雨の辛さ。
特に小さいお子さんを連れている方は、突然雨に振られると、しんどさマックスです。
このシートは屋根の下なので濡れることはないですし、なおかつワンドリンク&フードがチケット料金に含まれているという、節約家族にはとても嬉しいシステム!

ライトスタンドが近いので、千葉ロッテ応援団の迫力を目の当たりにできますよ!

ニュース 詳細|千葉ロッテマリーンズ

SeatMRosso(シートMロッソ)※画像はイメージです「イタリアンバールM」エリアをリニューアルし、座席幅の広い、座面にもクッションをつけた座り心地の良いシートを設置します。

つづいて東海・近畿地域の球場をご紹介!