僕は3歳の頃にヤマハ音楽教室に通い始め、小学6年生まで個人ピアノ教室でピアノを習いました。
その後、中学校の三年間はヤマハ音楽教室でエレクトーンを習ったので、10年以上習い事をしたことになります。
高校に入ると、部活動(サッカー部)で休みが全くなくなったため、母親に直訴してピアノはやめました。怒られることもなく「まあここからはあなたが決めなさい」って感じだったと記憶しています。

そんな僕もいまや父親になりましたが、ピアノにはほとんど触れていません。
ただ全く弾かないかといえばそうでもなく、一年に一曲ぐらいは練習して弾けるようにしています。もちろん簡単な曲に限りますが、それでも世間一般的には「ピアノが弾ける男性」と判断されます。
今回の記事を読んでいただくにあたり、

僕が小さい頃、どれぐらいの量を練習して、
今現在(37歳)どれぐらい弾けるのか

という点は、ひとつの判断材料になると考えたので、数年前に記録撮影した動画を掲載します。

篤姫(atsuhime) - YouTube

youtu.be

記録用に撮影

くっそ普通!
ごくごく普通の「昔ピアノ習ってた」レベルです。
10年習ってこのレベルか…と自分でも情けない限りですが、高校生から練習をやらなくなったので、まあそりゃそんなにピアノさんも甘くないよな…ってことで。

ということでこんなレベルの僕ですが、小さい頃にピアノを習ったときを振り返り、男の子にピアノを習わせているご家庭に伝えたいことについて、おこがましくも書いてみたいと思います。

ピアノが弾ける男はとにかくカッコいい

まずは、ピアノを弾ける男がどれだけかっこいいか、見て聞いて感じた方が早い!
さきほどの僕の凡庸な動画も相まって、どの動画もカッコいいです!
習いたての子供たちに、クラシックの超絶動画を見せてもあまりピンとこないかな、と思ったので、別の切り口で動画を集めてみました。

“夢と希望のパレード” (Full ver.) performed by H ZETTRIO 【Official MV】 - YouTube

youtu.be

H ZETT Mさんのピアノトリオ・H ZETTRIOです。
解散したPE'Zのヒイズミマサユ機さんに似ている方の活動ようですね。
いまはこういった動画がいくらでも見られるので、本当に羨ましい。子供たちがピアノを習いながら、漠然とでも「練習の先にはこんな世界があるんだ」というのを感じれるのは、とてもいいことです。
いまは課題曲を練習する日々だけど、いつか俺こんなカッコいい感じで弾くんだ!みたいに。

【MV】→Pia-no-jaC← / Für Elise (Ludwig van Beethoven) - YouTube

youtu.be

→Pia-no-jaC←による、ヴェートーベンの有名曲『エリーゼのために』のアレンジ。
特にエリーゼのためにを知っている子供、弾ける子供たちに聞かせてあげると、ピアノには無限の可能性があるんだということを感じてもらえると思います。

【BARKS】清塚信也 「Baby, God Bless You」演奏 - YouTube

youtu.be

ドラマ「コウノドリ」でも有名になった曲です。
子供のうちはクラシックの名曲よりも、メロディーラインがしっかり取れる曲の方が、ピンときたりするんですよね。

大橋トリオ / Be there feat. BONNIE PINK - YouTube

youtu.be

大橋トリオさんの小気味好いピアノが印象的な曲です。
子供たちには、ピアノは弾くだけじゃなくて「一緒に歌えるんだよ」ってのも、あらかじめ教えてあげたいですね。歌うことが好きな子供は、ピアノが苦行じゃなくなります。

やはりピアノを習う男の子は、女の子に比べて圧倒的に数が少ないので、ピアノを弾く男子はかっこいい!の以前に、ピアノを弾く男子はなかなかいない!というのが現状です。

男の子がピアノの習い事を続けるのは、「本人の根性+厳しいレッスン環境」が必要です。
上で紹介したかっこいいプレーヤーにはなれませんでしたが、楽譜を見て練習したらとりあえず弾けるレベルの僕が、当時を思い出しながら、男の子の気構えをお話しします!