恥ずかしさと面倒臭さの向こう側へ!

小学生の期間、母親のスパルタな練習もあって、それなりに難しい曲を弾けるようになりました。
中学1年生になると同時に、ピアノ教室をやめてヤマハのエレクトーンコースに通い始めたのですが、はっきりいってなんでそうなったか覚えていません(汗)
親に諭されたのか自分がやりたいと言ったのか、あまり覚えていませんが、とにかく中学校に進学してサッカー部の練習頻度が高くなっても、習い事はやめませんでした。
これは多分、この時点で「弾くことが楽しい」と思えていたからでしょう。

うちの中学の男子の間ではとにかくサザンが流行りまして、音楽室で僕ともう一人ピアノを弾ける友人が伴奏して、まわりのみんなが涙のキッスとかya-yaとかを歌う図式が、いつの間にか作られていました。
これをみても分かる通り、
中学生になったら「男子のピアノ」は完全に受け入れられます。
周囲の見方が変わるのもそうですが、小学生の6年間レッスンを続けると実力もついてくるので、自分が弾きたい曲を弾けるようになってくる。つまり能動的にピアノを弾くようになっているのです。

新しい道に踏み出す

中学生にもなると、やりたいことがたくさん増えます。
受験もそうだし、部活動もそう。
いくらピアノを継続的に習ってレッスンしていても、他にやりたいことが見つかるのは不思議じゃありません。むしろ中学生たるもの、いろんなことに好奇心を持って臨んでもらいたい。
そして本気でやりたいことが見つかったとき、
小さい頃からずっと続けてきたピアノのレッスンと向き合う時が来ます。

僕の場合はそれがサッカーでした。
高校に入学するとき、簡単に言えばサッカーとピアノを天秤にかけたんですが、特に迷うこともなくサッカーを選択しました。
ピアニストを目指すなどおこがましいレベルでしたし、ある程度弾けるようになったので、ここまでやれたらピアノを習った甲斐があった、と自分と親で判断したからです。
同じサッカー部の同級生には、今もまだ現役のJリーガーがいますし、大学サッカー部の監督もいます。僕は芽は出ませんでしたが、サッカーの練習は一生懸命やったので、まったく後悔していません。

Playing Piano Tumblr - wallpaper.

Playing Piano Tumblr - wallpaper.

ただひとつ、ピアノ男子の先輩として伝えたいのは、
友達と遊びたいから、という理由だけではやめてほしくないってことです。
小学校高学年、中学生ともなると、友達付き合いに敏感になる年頃です。「常に友達の輪の中にいたい」という潜在的な意識が、ピアノに割かなければならない時間を疎ましく思ってしまう場合も少なくないでしょう。
僕にもそういう時期がありましたし、実際に小学校でも中学校でも、教室をさぼって遊んだことがあります。

でも振り返ってみると、そんなことで保てたものなんて、人生にたいした影響はないです。
あいつは付き合い悪いと、一時的に仲間はずれになることもあるかもしれません。ただそんなことより、ピアノを習って得た感性と、レッスンを続けた忍耐力の方が何倍も価値があります。
なので今ピアノを習っている男の子は、中学校を卒業するまで頑張ってピアノを続けよう!ふとしたときにピアノを弾いたり、友達とバンドを始めたり、人より少しだけ豊かな未来が待っているよ!

なによりピアノが好きな子は練習に没頭して、有名なピアニストやミュージシャンにもなってもらいたいです。
そのときは僕に焼肉おごってね!