お子さんが小学校に入学するにあたり、

「キャラクターが描かれたタイプのものではなく、無地の筆箱を持ってきてください」

と学校側から指定されたご家庭も多いのではないでしょうか。
もちろんそれが許可され、子供がキャラクターの筆箱を望むのであれば、買ってあげるのがベストな選択です。自分が気に入った筆箱を持参できるとなれば、勉強にも意欲倍増でしょう。
しかし、授業の邪魔をせず、長く使えて頑丈でシンプルなデザインの筆箱を選ぶ、という考え方も支持したいですね。

ということで今回は、
無地(もしくは素朴なデザイン)だけど、カッコよくて機能的な筆箱を5つ選んでご紹介いたします!

小泉製作所「COBU」

漢字の「鼓舞」から採用したCOBUというネーミング。
自らを奮い立たせて勉強しよう!と、筆箱からメッセージを送られているような、重厚な佇まいですね。
小泉製作所が、カメラケース作りで培ったノウハウを、あますことなく落とし込んだこの筆箱。
小学1年生にはハイスペックでしょうか?
いいえ!
この筆箱で6年生まで併走できるほどの、よき相棒になってくれることでしょう。

COBUの仕事

COBUの仕事

ちなみにウサギのロゴの下部に書かれている
Little by little and bit by bit.
という言葉を日本語に訳すと「小さなことでもコツコツと」となるそうです。
これから勉学に励む学生たちには、この上ない的確なメッセージですね。

COBU新本革製マグネット筆箱

【材質】牛革製
【寸法】21.3x7.9x4.1cm (内寸:20.5x6.8x2.7cm)
【カラー】黒、紺、赤、ピンク、茶
【仕様】無地のハードタイプ、鉛筆ホルダー:鉛筆5本(脱着可能)、鉛筆ホルダー下部はフリースペース、消しゴムセパレート付、マグネットホックタイプ