短くなってしまった鉛筆をつなげる鉛筆削り!

中島重久堂

中島重久堂

中島重久堂(なかじまじゅうきゅうどう)は、昭和8年の創業以来、多くの鉛筆削りを世に生み出しており、国内の主要メーカーからも多くの発注を受けている老舗です。
そんな鉛筆削りのプロが生み出した、環境にも、心にも優しい鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」を使ってみました。

TSUNAGO(ツナゴ)/ 1,620円(税込)
正規取扱店「hen-shu」

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

子どものペンケースや、机を探してみると、短くなった鉛筆がたくさんでてきました!
いくら使いづらいといっても、無慈悲にゴミ箱にポイもできないです。みんな、今から合体させてあげるからね!

TSUNAGOには3つの穴があります

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

TSUNAGOには、三つの穴があります。
簡単に説明すると、

一つ目は、ペンのお尻を凹状にする穴。
二つ目は、ペン先を凸状に削る穴。
三つ目は、ペン先の形状を整える穴。

ダイヤルを回して穴を選択する際、横に形状を表したアイコンがあるので、わかりやすいですね。

お尻を凹状にします

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

まずは1の穴で、お尻を凹状にします。
芯を尖らせるだけの普通の鉛筆削りと違って、鉛筆の形状を変えようとしているので、どうしても回す回数は増えますが、根気よくいきましょう。すぐに慣れます。

TSUNAGOの穴の奥には「キリ」があり、それが鉛筆を凹状にしてくれます。
まずは少し回して、鉛筆の中心にしっかりキリが当たっているかどうか確認。問題なければ、鉛筆を軽く押し込みながら回して行きます。
弱すぎたら穴が開かず、強すぎたら鉛筆が割れてしまうので、ちょうどよい力加減を見つけてくださいね。
※そこまで意識しなくても上手くいくので、心配無用!

赤いメモリのところまで鉛筆が沈みこんだら完了!
トントンと叩いて、削りカスを取り除いてください。

ペン先を凸状にします

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

続いて2の穴で、先端を凸状にします。

自分、いつでも挿しこみ可能です!

そう言わんばかりのフォルムです。このような鉛筆の形はみたことがないので、何か新鮮ですね。
ただこれだと木くずが残ってしまっている箇所があるので、3の穴でそれを整える作業をします。

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

3の穴に入れて、引っこ抜いた状態。
先ほどの写真と比べて、木くずがついていた表面がキレイになっているのがわかるでしょうか?この工程を飛ばすと、つないだときに鉛筆が割れてしまうことがあるので、必ず行いましょう。

さあいよいよ二つの鉛筆をつなげます!

つなご!

鉛筆削り「TSUNAGO(ツナゴ)」

ジョイント完了!

想像以上にしっかりしている!
想像以上にかわいい!

上の写真のように同じシリーズの鉛筆をつなげてもかわいいし、全く違うカラーの鉛筆をつなげても面白いですね。
付属の取り扱い説明書には、木工用接着剤で固定すると書いてあるのですが、持ってみたところ力は先端の方に集中するので、そのままでもじゅうぶん使用可能と感じました。

想いをつなぐ鉛筆削り、TSUNAGOの使い方

youtu.be

捨てるものを少なくする、使えるものを長く使う、まずは鉛筆から。
中島重久堂のメッセージを、しっかり具現化した鉛筆削り「TSUNAGO」は、子どもたちの心の育成にもつながる、素晴らしいコンセプトの文具です。

何より、鉛筆をつなぐ工程が楽しい!
子どもたちも、短くなった鉛筆が生まれ変わる姿をみて、とても嬉しそうでした。

またこのTSUNAGOの売上の一部は、森林の価値を守り育む社団法人「more Trees」に寄付されています。
自然の恵によって鉛筆が作られていること、そして自分たちが自然に還元できることがあるということを、子どもたちにも伝えてあげられますね。

実用性もあり、コンセプトも素晴らしい鉛筆削り「TSUNAGO」。
税込価格で1,620円です。
ぜひ一度使ってみてください!

TSUNAGO正規取扱店 hen-shu

hen_shuは魅力的な製品を生産者やメーカーと直接やり取りし、とことんものと向き合いチョイス。魅力的なものをどんどん集めてお届けします。

使用上の注意点

中島重久堂のオフィシャルサイトでは、TSUNAGOを使う際の注意点について、詳しく説明が掲載されているので、引用させていただきます。

・これは鉛筆をつなぐ鉛筆削り器ですが、鉛筆をつなげる道具として企画製造しております。作業において、少しコツをつかむ必要があります。工作をするように楽しみながらお使いください。

・お子様が利用されるときは、必ず保護者の方と一緒にお使いください。

・加工ができるのが、6角や丸鉛筆で太さが7mmから8mm未満の通常サイズの長さが5cm以上の鉛筆で、芯が3mm未満に限ります。色鉛筆等は加工できない場合もあります。

・金属、樹脂、ゴムなどが付いた鉛筆及び紙製鉛筆は使用できません。

・長い鉛筆をつながないでください。継ぎ足して18cm以下になるようにしてご使用ください。

・鉛筆の品質等によりキリ穴をあけるときに木にヒビが入る事もあります。支障のない程度にてご利用いただくか、木工用接着剤にて補修してご利用ください。

・つなげる鉛筆同士、必ず木工用接着剤でつなげてください。しっかり接着しないと、通常の 鉛筆削りを利用時につなぎ目がはずれてしまい支障をきたすことがあります。ご注意ください。

・本器には削り刃とキリが付いていますので十分注意してください。

・幼児の手の届かない場所に保管してください。 幼児が使用する場合は、保護者のもとで使用してください。

新商品|中島重久堂

TSUNAGO|中島重久堂

短くなって使いづらくなった鉛筆。
ちょっとした工夫と作業で、また使えるようになる。
それが、なんだか嬉しい。
捨てるものを少なくする。使えるものを長く使う。まずは鉛筆から。
まわりのものがより愛おしく感じてきます。