突然ですが「プレーパーク」という言葉に馴染みはありますか?
遊具が整然と設置されている公園とは違い、一見無秩序ながらも、子どもたちやそこに集う人々が自主性や協調性を発揮し、創意工夫を凝らして遊ぶことができる場所です。
日本でも1979年に世田谷区羽根木にプレーパークが常設されてから、この概念が次第に広まっていくようになりました。
今回jiikは「都心」のイメージが強い渋谷区に常設され、2004年から多くの子どもたちの成長を見守ってきた『渋谷はるのおがわプレーパーク』のレポートと、副代表の小水映(こみずうつる)さんに、インタビュー取材を行いました。

遊び心を育む、都会のプレーパーク

代々木公園から徒歩1分。
都心に広がる緑のエリアの一画に『渋谷はるのおがわプレーパーク』はあります。
関わる全ての人たちで作り上げた感じが伝わる、どこか懐かしい風景です。

のこぎりやとんかちといった道具も「じゆうにつかっていい」ものとして常備されています。
ともすれば危険だと遠ざけられがちなアイテムも、ここでは立派な遊び道具。自主的に使う子どもたちと、それをサポートする大人たちの素敵な風景が、プレーパークのいたるところで見られました。

木でできた遊具に、梯子を打ち付けているプレーリーダーこまちさん。
その梯子を上り下りして遊ぶ子ども。
普通の公園なら、こんなことはできないですよね。

落ち葉の中に入って、はいチーズ♪
足の裏がどろんこになったって、子どもたちはへっちゃら。冷んやりした土をかみしめるように、裸足で駆け回ります。

ここは「自分の責任で自由に遊ぶ」公園です。
子どもたちが「やってみたい!」を最大限カタチにするチャンスのある遊び場です。
子どもたちが自由に遊ぶためには「事故は自分の責任」という考えが基本です。
地域のおとなたちと渋谷区が協力してこのプレーパークをつくっています。
こわれているところをみつけたり困ったことがあったら、スタッフやプレーリーダーといっしょに考えたりつくったりしましょう!渋谷はるのおがわプレーパーク

〜パーク内看板より引用〜

子どもたちと一緒に遊んでみて感じたことは、パーク内の人々が、気を張らない時間を過ごしているという点です。
社会通念が作り上げた「公園での遊び方」というルールを、一旦子どもたちに預けることで、こんなにも心が自由になるのかと、目から鱗が落ちる思い。これが本来のあるべき外遊びの姿なのかもしれません。

強い信念のもと、このプレーパーク常設を実現させた、副代表の小水映(こみずうつる)さんに、貴重なお話を伺ってきました。