ねんどアーティスト+アイドル=“ねんドル”として活動する岡田ひとみさんは、NHK Eテレで放送中の『ニャンちゅうワールド放送局』の人気コーナー「世界ねんど遺産」でも、おねんどお姉さんとして子供たちに大人気!
また親子向けエンタテインメント型「ねんど教室」など、子供たちの創造力の育成に役立つワークショップを、国内外で数多く展開されています。

jiik編集部が、7月に郵政博物館で開催された親子ねんど教室の会場で、ねんドル・岡田ひとみさんにインタビューをしてきました!当日のねんど教室の模様とともにお届けします。

親子の笑顔が印象的な「親子ねんど教室」

親子ねんど教室の会場は、開始前から多くの家族でいっぱい!岡田さんが登場すると、割れんばかりの歓声があがりました。

今回のねんど教室で参加者が作るのは「たこ焼き」。
さて、ねんどでどんなミニチュアたこ焼きが作れるのでしょうか?

今回の子供インタビュアーACOちゃんも、お父さんと一緒にねんど教室に参加。
真剣な眼差しで、紅生姜になる色紙を細かく切っています。
特別な素材ではなく、子供たちが普段よく目にする紙やねんどを使っての工作。とっても身近に感じます。

子供たちのテーブルをくまなくまわり、わかりやすく教えてあげる岡田さん。
普段はテレビの中だけの存在の岡田さんに話しかけられ、子供たちもどこか緊張気味ですね(笑)

ミニチュアのたこ焼きをねんどで作るとなると、一見難しそうに感じますが、岡田さんのわかりやすい説明で、子供でもちゃんと作れています。それにパパさんママさんも夢中!
何より、工作過程の親子の笑顔が印象的で、とても微笑ましい光景でした。

ねんど教室によって、親子の有意義なコミュニケーションを作り出している岡田さんは、どのようなビジョンを持って活動しているのでしょうか。
子供インタビュアーとともに、お話を聞いてきました!