「靴まつり市」を知っていますか?

いつものように友だちのinstagramをチェックしていると、可愛い靴をとってもお買い得で購入できる「靴まつり市」なるものが開催されている情報をゲット!

く、靴の祭り?!

ちょうど外出の予定もなかった我が家の夫と子供たちを動員して、南千住は玉姫稲荷神社にGO!しました。

googleマップを片手に南千住駅からスカイツリーの見える方角へ15分ほど歩いたら、「玉姫稲荷神社」という可愛い名前の神社に到着。すでにかなり多くの人で賑わっています!

この地域には、靴作り事業者が多く集まるようになり、靴を作ることで生活の場が与えられる感謝を込め、靴供養と催事を始めたのがこの「靴まつり市」で、なんと今年で42年目だそうです!
この神社の氏子さんに、靴作り事業者が多いことから、別名「くつ神社」とまで呼ばれているんだとか。

年に2回行われるようで調べてみると、秋に行われるのが「靴のめぐみ祭り市」、春に行われるのが「こんこん靴市」と呼ばれるそうです。

境内には所狭しとお店が並んでいて、靴や革製品などが出品されています。
しかし、どのお店もド派手な割引率!20,000円が3,000円!なんてのもザラです。

正直なところ、来る前は

(どうせノーブランドのなんだかわからない靴が並んでるだけでしょ…)

っていう超失礼なイメージしか持っていなかったんですが、来てみて驚き!子供靴も可愛いのがたっくさん並んでいました!

高島屋や伊勢丹に並んでいるという商品が激安価格!
すかさずブランド名をスマホで検索してしまう、疑り深い私…そしたら本当にしっかりとした商品で、さらに他に陳列されている商品を見たら、有名なメーカーのものがたくさん!
つまり、メーカーから依頼を受けて、実際にその靴をつくっている業者さんたちがたくさんいらっしゃって、その中でサンプルとして使用した品、またワケアリ商品などが、一挙に出品されるというわけです。

主人が小学3年生の長男に選んだ靴。
これもオフィシャルのブランドサイトで調べたらかなりのお値段のもの。
これが3,000円!
サイズもぴったりだったので即購入決定しました。面ファスナーのところに書いてある目盛りは濡れた布でチャチャッと拭いてください!と店員のお兄さん。

目移りしながらも、これ以外に、子供たちの意見を聞きながら5品購入しました。
気になるお値段は後ほど公開!