悩まされる「夜泣き」

新生児のころは2~3時間おきに授乳するため、夜中に起きて泣くのが当たり前。それに、授乳すれば寝てくれる子が大半だと思います。
しかし赤ちゃんが新生児から成長し、「そろそろ夜は寝てくれるかな?」と思いきや突然の夜泣きの始まり
この夜泣きは厄介で、授乳しても、抱っこしてあやしてもぜんぜん泣き止みません・・・。

どうして夜泣きするの?

赤ちゃんの夜泣きに関しては、一説では睡眠中に日中の記憶を整理することができるようになり、日中に経験した出来事が刺激となり夢を見るからといわれていますが、はっきりとした原因は解明されていないようです。
他にも、

・お昼寝の時間が長くなり夜に眠れない
・精神的な不安感
・暗いところが怖い
・赤ちゃんの性格

・・・などとも言われていますが、どれも確証はもてなそうです。
後は、脳の発達が著しくなる時期なので、それも関係しているそうです。

夜泣きが始まったら・・・

赤ちゃんの夜泣きは、一般的には生後6ヶ月頃~1歳くらいに始まるといわれ、早い子だと3ヶ月ごろから夜泣きをする子もいるそうです。

突然の夜泣きに、ママもパパも混乱してしまうかと思います。
では、夜泣きが始まったらどうすればいいでしょうか?

まずは、心に余裕を

ママがストレスを溜めないようにする

これは、簡単なようで難しいですが、赤ちゃんにとってもママにとっても非常に大切なことです。
慣れない育児や、赤ちゃん中心の生活に無意識にストレスは溜まっていきます。
更にママの気持ちに余裕がないと、赤ちゃんにもそれは伝わります。そこで悪循環が生まれます。

まずは少しでも自分の心を休める時間を作り、日ごろから心に余裕を持たせるのが大切です。
ママが、余裕を持てば、赤ちゃんにも安心感が与えられます。
そして、夜泣きが始まっても心に余裕があれば、受け止めることも出来ますし、夜泣きが減る可能性があります。

夜泣きへの対策案

抱っこして歩き回る

授乳でも泣き止まない場合、抱っこしてあげましょう。
しかし、ただ抱っこするだけだと泣き止まない子が多いです。

抱っこして、歩いてあげることで適度に揺れるので赤ちゃんが安心して眠ることがあります。
私はよく歩き回りながら歌を歌いました。2曲ぐらいは歌っていた記憶があります。

しかし、寝たからといってすぐに降ろすとまた泣き出す子もいます。
赤ちゃんが眠った後も、ある程度の時間は抱っこしていてあげるといいと思います。

何もせず、様子を見る

「抱っこしても、授乳しても全然だめ・・・」という場合もこの方法をとってみてください。
赤ちゃんが泣きつかれ、自分で眠りにつく場合もあります。
まずは2~3分ほど様子を見ましょう。しばらくするとそのまま眠りにつくこともあるそうです。
何をしてもだめな場合は、どうにか頑張って寝かせようと考えるのは逆に疲れてしまってママには良くありません。

音楽を流す

「暗くて静かだから怖い」という理由で泣く子もいます。
抱っこしても、様子を見てても泣き止む気配がない場合、音楽を流してみましょう。
流す音楽は、赤ちゃんの好きな歌(胎教で聞かせていた音楽や、ママの好きな音楽でOK)が良い思います。
よく、クラッシックが良いといわれますが、うちの子は全然だめでした(笑)
ダメもとで自分の好きな曲(ハードロック・・・(笑))をかけてみたらなぜかすやすやと眠ったのです!!

なので、ママやパパが普段聴いている音楽のほうが、赤ちゃんは安心するのではないかと思っています。
正解はないので、いろいろと聴かせてあげて、赤ちゃんの好みを探るのも良いかもしれません。

終わりに…

今回は、夜泣き対策に関してご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?
赤ちゃんの夜泣きは、寝不足にもなるし精神的負担にもなる大変なもの。
ですが、成長している証拠でもあります。
紹介した対策を少しでも参考にしていただけたら幸いです。