jiikが主催するイベント「ジーキッズ〜パパと子供の素敵な時間〜」が、2月20日(土曜日)、ららぽーと富士見2F「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の初の常設店で開催されます!

このイベントは、親子が共に体験・発見することで、お互いの絆を深め、世代を超えた知識と興味の共有を実現しようという趣旨のものです。

初回となる今回は、チームラボキッズさんの協力のもと、国内外で200万人を動員している体験型知育空間「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の施設内で、パパと子供が二人一組になり、自由に遊んでいただきます。

楽しく遊んだあとは、パパから子供へ大切なメッセージを贈る素敵なイベント。
ブラザーの最新の刺しゅう用ミシン「Family Marker FM1400D」を使ってこの日のために作った、jiikオリジナルマークの刺しゅう入りのお守り袋に、思いをこめた手紙を封入して子供に手渡しましょう。

話題の最先端施設で、心おきなく子供と遊ぶ経験は、きっとみんなに自慢できます!
パパさんたち、是非お集まりください!

チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-とは?

共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶ遊園地へようこそ!

描いた魚が泳ぎだす“お絵かき水族館”をはじめ、
“光のボールでオーケストラ”、
“小人が住まうテーブル”、
“つながる!積み木列車”、
“天才ケンケンパ” など、最新のデジタル技術を使った8アトラクションを体験できます。
※展示アトラクションは、時期により変更されます。

社会では、チームでクリエイティブな成果を出す力が、非常に大事になってきています。
「共創」、それが今、子どもたちの学びにとってもっとも大事だと思っています。

現状の教育は、暗記重視で、クリエイティブな面は伸ばされるどころか、押さえつけられます。
そして、小さい頃から徹底して均質的な能力を伸ばすことに集中されます。
宿題は個人で行い、テストも個人で受け、受験は個人で評価されます。
つまり、個人プレイを叩きこまれているのです。

最新のデジタルテクノロジーを使い、
子どもたちが同じ空間で、 自由に体を動かし、互いに影響を与えながら、共同的で創造的でアートな体験を楽しむ。
そのような体験を通して、共同で創造していくことができる人間になってもらいたい、 そういう願いから生まれた未来の遊園地です。

さいたま | ららぽーと富士見「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」

ららぽーと富士見2F「チームラボアイランド -学ぶ!未来の遊園地-」の初の常設店です。