手作りの卵の殻ひな人形

スイーツ作りのあとは、卵の殻で子供と一緒に雛人形作り!

卵の殻を使った人形制作は、もうおなじみですよね。有名キャラクターから始まって動物やオリジナルデザインまで、世の中の天才さんたちが、それはそれは見事な作品を作っています。

ちょうど我が家でも子供たちとカステラを作ったので、その際に使った卵の殻をとっておいて、雛人形を作ってみましたよ!

卵に穴を開けます

まずは卵の底をコンコンと軽く叩きます。
ヒビが入ったら、爪で小さく穴を開けましょう。薄皮も取りましょうね。
その穴から中身をボウルに移して、お菓子制作。もちろん料理に使ってもいいですし、筋トレ中のご主人のプロテイン代わりにグイっと飲んでもらってもかまいませんよ!
その後は水洗いして、乾くまで待ちます。

穴を開けた底の部分は、平らになるように調整しましょう。あとで飾るときに自立させるためです。
穴はマステで隠しちゃってもいいですね!

ひな人形作成開始!

さあ、ここからはお絵描き&マステ貼り!
子供たちの自由な発想力に任せましょう。

安定のマッキーを使用。
ギュッと持つと子供たちの力でも割れてしまう場合があるので、そっと支えるようにアドバイスします。

できたようです!
左が長男(8歳)で右が長女(6歳)
長男のやっつけ感が気になりますが、まあここは良しとしましょう!

私も作ってみましたよ!
可愛いマステをストックしておくと、使い勝手が良いので重宝します。カットしてあげると、お内裏さまの頭部もそれっぽくなりました!

飾ります!

うちには母からもらった、コンパクトながら立派なひな壇があるのですが、子供たちが勝手にレギュラー交代させている!
ひな壇の下で事態を飲み込めていない、元レギュラーたち。ドンマイ!

どことなく満足そうな表情(笑)
さあ、卵は卵らしく、自分のお部屋に帰りましょう!

ということで、今回は卵のからで子供たちと一緒にひな人形を作るの巻でした〜!
チャンチャン♪