第二外国語の早期教育について

http://netkjk.tistory.com/109

http://netkjk.tistory.com/109

日本での英語教育については、早めるべきではないかという議論が長年されていましたが、専門家や実際子を持つ親の意見は賛否両論。

賛成意見には、

・グローバル化に必須でる
・幼少期から楽しみながら学ぶことで負担なく習得できる
・従来の受験の為の英語ではなく、生きた英語が身につく

反対意見の多くは、

・こどもの負担になるのではないか?
・母語がまだ育ちきっていないうちに第二外国語を習得することで、母語で物事を深く掘り下げて思考するの力が低下するのではないか?

など、様々です。

賛成意見も反対意見も、
確かに・・・という感じもしますね。
それがまた親の心を迷わせ悩ませます。

私自身、1年生から英語教育を行っている学校へこどもを通わせているため常に迷いの中にいますが、欧米では第二外国語のみならず、第三外国語を小学生の必修にしている国は多く、そのうちのスイスに関してこんな記事を見つけました。

スイスの小学校で二つの外国語学習、子どもの負担にはならないと専門家

子どもの年齢にあった適切な教授法を用いれば「この年齢の子どもは喜んで二つの外国語を学習する」。

http://www.swissinfo.ch/jpn/ドイツ語圏で危機に瀕するフランス語教育_スイスの小学校で二つの外国語学習-子どもの負担にはならないと専門家/40483122

日本は公用語を複数持つわけではないので、
スイスとは環境が違いますが、
それでも語学の習得という点では参考になります。

年齢にあった教授法・・・。
学校にお任せするしかないのですね。

「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」について

日本でも2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、新たな英語教育が本格展開できるよう、体制を整えていくそうです。

文部科学省では,初等中等教育段階からのグローバル化に対応した教育環境作りを進めるため,小中高等学校を通じた英語教育改革を計画的に進めるための「英語教育改革実施計画」を平成25年12月13日に公表しました。

http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/gaikokugo/__icsFiles/afieldfile/2014/01/31/1343704_01.pdf

2018年から段階的に拡大スタートだそうです!
期待大ですね。

楽しく学ぼう♫

さてさて、現在1年生の次男。
彼の学校では、楽しみながら英語を習得するのが1年生の目的。
その為、とにかく歌をたくさん歌います。

その中から、これからのシーズンにオススメのクリスマスソングたちを集めてみました。

Little Snowflake | Super Simple Songs - YouTube

www.youtube.com

S-A-N-T-A | Super Simple Songs - YouTube

www.youtube.com

Santa, Where Are You? - YouTube

www.youtube.com

Frosty the Snowman (with lyrics) - YouTube

www.youtube.com

上記の動画にも表示されていましたが、
このsuper simple learningというFBページ、
幼児向けの動画や本…たくさんの紹介しています。

Super Simple Learning

幼児向けの本や、動画を紹介しているサイトです。

何でもそうですが、
楽しく学べるって一番良い!

実際に我が家の子供達は、学校で楽しく学び習得していることで、
ちょっとした英語を読んだり理解できる喜びも感じています。

母語である日本語の部分は、地道に自宅で親がサポートする必要がありますが・・・。

次回は、language songsを紹介します。