本題に入る前に、私が愛用しているコンデジを紹介します。

RICOHのGR Digital4。
2011年の発売依頼、結構長い期間愛用しているコンパクトデジタルカメラです。
今なお現役で、上の画像を見たらわかる人はわかると思いますが、ワイドコンバージョンレンズを装着して超広角カメラとして、仕事でもプライベートでも絶賛活躍中です。
ただこの広角撮影の魅力と引き換えに、コンデジの「携帯性」という利点は明らかに失われました。
都度レンズを装着脱着していては面倒なので、いつも付けっぱなしなんですが、こうなるともう気軽に持ち歩けるサイズではなくなってきます。必然的に外に持ち出す機会が減ってきました。

しかしこのSNS全盛の時代、
携帯性のよいコンデジは文明人として必須アイテム!
また父親として子供たちとの思い出は、なるべくキレイな写真に残してあげる義務があります。
ということで僕の新たなコンデジ選びと併せて、今年の春の新作コンデジを、パパ目線でリストアップしてみようというのが、今回のレポートの趣旨です。

ていうかスマホでいいじゃん

という、想定通りの反応がありそうですね。

確かに昨今のスマホはカメラの性能も画像処理の能力も高く、SNSとの親和性もあいまって、日常生活の撮影ツールとしてはファーストチョイスになっています。

ちなみに最初のGRD4の画像もスマホで撮影しました。妻がモニターとしてレンタル中のHuawei honor 6 plusというやつです。なかなかのクオリティですね!

最近では、2月25日にパナソニックからLUMIX DMC-CM10という、コミュニケーションを前提としたAndroid実装のデジカメが販売されるなど、1台で高画質な写真を撮影・即シェアというニーズは高まる一方。

DMC-CM10 | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

感動を共有する、新たな写真体験へ。大型1.0型センサー搭載したコミュニケーションカメラ。パナソニックのデジタルカメラ LUMIX(ルミックス)「CM10」の商品情報です。

一方、運動会や学芸会、卒園式や入学式にスマホを構える人はあまり見かけませんよね?
大切な場面の写真はカメラでしっかり撮影、という考え方が一般的だと思いますし、それで正しいと思います。
やっぱり写真はカメラで撮るのがカッコいいし、正解なのです!

さらに最近ではInstagramの利用者が増え、投稿される写真のクオリティが全般的に上がっていると感じませんか?
やっぱりよく撮れている写真は好評価されますし、僕も見ず知らずの写真に感動することがしばしばです。
SNSで使うにしろ使わないにしろ、日々の何気ない風景を、綺麗な写真で残すに越したことはない!

といっても、たくさんのメーカーからいろんなコンデジが発売されているので、ある程度条件を設定しないとキリがありません。そりゃお金をたくさん出したら良いものは買えるわけで。
そこで以下のポイントを基準にしました

・毎日持ち出せるサイズ
・Wi-Fi機能は大前提
・販売価格5万円台まで
・USB充電対応
・オシャレ(主観)

さあ、みなさん僕のカメラ選びにお付き合いください!