はじめに

人生何があるかわからないと言いいますが、
まさに私、十年前までは想像もしなかった人生を送っています。

まさかこうして海外に来て、「外国人の嫁」としてお姑さんと同居生活を送ることになるとは。
考えてみれば、夫と出会うまでは、この国がどこにあるかもわからなかったぐらいで。
黒髪に浅黒い肌と彫りの深い顔立ちから、最初チリとかペルーとか南米の人かと思ったっけ。

私が今いるのは「世界の屋根」とも呼ばれる8000m級の高い山々を有する、多民族・多言語・多文化の国、ネパール民主連邦共和国。
ネパールと聞くとどんなイメージを持たれるだろうか。ヒマラヤ、カレー、インド(?)。。。
日本という「便利」で溢れた国で生まれ育った私には、生活するうえで良くも悪くもびっくりすることがかなり多いけれど、人々の心が優しく明るい活気のある国だと、最近では深い愛着すらわいています。
まずはこのネパールという国を、もっともっと皆さんに知ってもらいたい!

ちなみに連載第一回目は私の話ばかりで、
子供の話はあんまり出てきません!(笑)