ネパールのダンス教室へ!

その日、家の前の空き地でティージダンスのプログラムがあり、ステージを見ていた7歳の娘が「私もダンス習いたい」と言うので、翌日さっそく近所のダンス教室へ見学に行きました。

挨拶をしてから後ろに立って練習風景を見ていたら、三十代半ばの男の先生が

「ところでお母さんはダンスができますか。」

と聞いてくるではありませんか。(たまたま18歳まで十年間民族舞踊を習っていた私)
「はい。」と答えると、「ちょっとステップを教えてもらえませんか。」と言って、いきなりみんなの前で踊らされることに。

こういう場面で照れるのはダサいので、さっそくネパールの曲に合わせてスッパスパー、スッパスパーとステップを踏むと、「マダム、イケますね!」ということで、今度は半ば強引にあるステージのダンスの一員にされるという流れに!しかも20日後!さすがネパール!かなりテキトー!
娘のために見学に来たのに「お前が踊るんかい!」と心の中でツッコミながら、ネタ的に面白いのでありがたく出演させてもらうことにしました。