八王子城を登りきれ!

春休みの北条家のお城巡り、3つ目のお城は八王子城です。
東京から車を走らせ、中央道経由でおおよそ1時間。
今回訪れた八王子城は、完全に「山」でした。
安土城を見学した家臣の進言を参考に、北条氏照が築城したハンパない山城で、本丸にたどり着くには、急峻な山道を登っていくしかありません。

八王子城資料館

車で駐車場に向かうと、まず最初に見えてくる八王子資料館で、事前準備。
八王子城の地形模型を見ながら、今日登る本丸の位置を確認します。
ちなみに子どもたち、今日のイベントを完全に「登山」と認識しています。三人とも本格的な山登りは初めてなんですが、末っ子は年長さんになったばかりなので、上まで駄々をこねず登りきれるか、今から心配。。。

ついでに備え付けてあった100名城のスタンプも押しておきました。

八王子城・管理棟

少し行儀が悪い写真ですが、子どもたちだから大目に見てくださいね。
この管理棟から、要害方面(本丸方面)と、御主殿方面に道が分かれます。
キツいことは先に消化しておきたいので、まずは山頂の本丸を目指します!いざ山登りスタート!

いきなり険しい急峻な山道

八王子城・本丸方面

ここから山頂まで800メートル。看板には「頂上まで約40分」と書かれています。
写真でもわかる通り、子どもたちにはやる気がみなぎっています。

八王子城・マップ

上のイメージ図で言うと、右下の根小屋地区というところから登っていくイメージです。
実際の小田原征伐の戦いでは、この辺りにあった近藤曲輪と山下曲輪を、豊臣側にまわった大道寺政繁が撃破し、前田利家隊が登っていったというのが定説。

八王子城・登山道

開始5分、すでに子どもたちに遅れをとる私。もうふくらはぎがパンパンです。
これをあと35分続けるなんて、城巡りも楽じゃ無いですね。。。
心配していた末っ子も、こちらの不安をよそにスイスイ登っていきます。

八王子城・金子丸

前田利家隊は激しい銃撃戦の末に金子曲輪を撃破し、山頂の本丸を目指しました。
つうか本当にこんな急峻な山道を甲冑着て登るんですね。戦国時代にタイムスリップしても、足軽だけにはなりたくない。

八王子城

八王子城

道中には、けっこう危ない場所もあります。
道幅に余裕はあるものの、滑落したら大変なことになるので、子どもと一緒に登るときは注意が必要ですね。

八王子城中腹からの眺望

30分ほど登り八王子神社が近づいてきたところで、左側が急に開けるところがあり、そこからの眺望がものすごくキレイ!高尾の街が一望できます。
思わず写真をとりましたが、この写真の子どもたちの奥側はかなり危険で、高所恐怖症の僕はけっこうドキドキものでした。

さあ、目指す本丸はもう少し!