軽快な音楽を使って、子供たちの音感や言語感覚を刺激し、心と体を総合的に育成するプログラム。
早くから欧米で提唱された、このリトミックという教育法は、近年では日本でも広く認知され、多方面で親しまれています。

今回jiikでは、その中でも特にエンタテインメント性が強く、リトミックのさらなる可能性を秘めたプロジェクト「 DANCE KIDDO」にインタビュー取材を行いました。

DANCE KIDDOとは?

写真左:金藤稔人さん
写真右:マークさん

ーDANCE KIDDOのコンセプトについて教えてください

金藤さん:本来、音楽を通じて子供たちの音感やリズム感、また言語能力を総合的に育成しようというのがリトミック教育法の趣旨なんですが、私たちは、教育そのものも大事にしつつ、もっと子供たちが音楽を純粋に楽しめるよう、エンターテインメント性を重視し、常に良い音楽を追求しています。

マークは教育テレビ番組や、有名企業の教育プログラムで実際に活躍しているインストラクターで、彼が作詞して作曲したものを、私が編集し、楽曲として仕上げています。

SUPER TAISO - YouTube

youtu.be

Every morning Wake up Go BIG Go STRONG.

マークさん:動画を見てもらえればわかると思いますが、とっても簡単な英単語を、キャッチーな音楽に乗せています。実生活でほとんど使わない英語を学ぶのではなく、生活の多くの場面で登場するフレーズを中心に、子供たちが楽しむことを第一に考え作っています。

ー楽曲からもかなりのこだわりを感じられます

マークさん:そうですね!そこには特にこだわりを持っています。
子供だけではなく、大人も聞いててカッコいいと思うものを追求しています。
リトミックの教育的な側面がピックアップされると、どうしても楽曲が似たようなテイストになってしまいがちなので、DANCE KIDDOは楽曲の違いをアピールしていきたいと思っています。

私自身もポップミュージックを愛しているので、影響を受けたいろんな曲がバックボーンになっていますね。『PIZZA ARRIZA』では、クイーンのギターサウンドを意識したり、『SUPER TAISO』ではじゃスティン・ビーバーになったり(笑)

PIZZA ARIZZA - YouTube

youtu.be

www.DANCEKIDDO.com FREE Download and more FREE SONGS!!! SUBSCRIBE, LIKE & SHARE!!!